プロ野球投手☆おもしろデータ〜プロ野球投手編

プロ野球投手

プロ野球〜プロ野球実践データ記録室

☆プロ野球投手情報☆



2011プロ野球おもしろデータ〜プロ野球投手編
(2011年 交流戦終了時点)


スタジアム


プロ野球投手とは、チームの要であることは言うまでもない。
しかし、エースの称号を手にするプロ野球投手は数少ない。

学生時代はエースで4番だった投手も、プロで通用する保証はない。
プロ野球投手とは、技術だけではなく、メンタル面・打線の援護・配球など
色々な面でトップに立たなくては活躍できない。

そこで、データを基に真のプロ野球投手とは、誰なのかを興味深く探ってみました。



■先発投手 評価指標(プロ野球投手遍)
プロ野球投手として「最強」とはどんな投手を言うのだろう?

最強のプロ野球投手とは、味方の援護点がなくても、最小失点に抑えて
勝ち星をとる。出塁は許しているもの失点は少ない。ポイントで三振を
取れる。など、色々な項目があげられるだろう。

今回は、先発投手に焦点をあて、被安打、奪三振など各項目にポイント
をつけ数値化したAGScという評価をもとに解析してみた。平均点は、
50点。高ければ高いほど好投手と言える。
60点を超える先発投手は、非常にハイレベルで、両リーグを通じて6名しかいない。中でも
ダルビッシュ有投手の71.8ポイントは、ありえない数値といっても良い。勝率や、防御率など、
タイトルといわれる称号には、わずかに届かなかったが、先発投手としての能力は、群を
抜いている。

パ・クリーグ 2位の杉内や、3位の岩隈もかなりの高い数値をはじき出しており、ソフトバンク・
大隣投手や、オリックスの小松投手も、申し分ない数値で、チームを牽引した押しも押されぬ、
先発の柱である。

一方、セ・リーグでは、60点以上をたたき出している投手が、広島のルイスのみで、今期の
セ・リーグ先発陣の低迷を示している。投手王国 中日ドラゴンズからは、規定投球回数に
届いていた投手が、1名もいないのがリーグ全体の物足りなさに繋がっているのであろう。

セ・リーグはDH制を採用しておらず、得点や試合状況によって交代を余儀なくさせられて
しまう反面、次の会に投手に打順が回ってくるばかりに、交代した方が良いのはわかっていても、
続投させ、打たれるケースも少なくない。
パシフィックリーグ 先発投手評価
順位 選手名 球団 得点 防御率
1位 ダルビッシュ有 日本ハム 71.8 1.88(2位)
2位 杉内俊哉 ソフトバンク 6.56 2.66(5位)
3位 岩隈久志 楽天 64.4 1.87(1位)
4位 大隣憲司 ソフトバンク 60.7 3.12(6位)
5位 小松聖 オリックス 60.6 2.51(3位)

セントラルリーグ 先発投手評価
順位 選手名 球団 得点 防御率
1位 ルイス 広島 62.2 2.67(2位)
2位 石川雅規 ヤクルト 57.6 2.67(1位)
3位 グライシンガー 巨人 57.2 3.06(6位)
4位 館山昌平 ヤクルト 56.5 2.99(4位)
5位 内海哲也 巨人 56.2 2.73(3位)



■奪三振率(プロ野球投手遍)
9イニングに換算して、どれだけ三振を奪ったかを算出した。投手の
ポテンシャルのひとつに、奪三振能力が上げられる。ここぞと言うときに、
三振を取れる投手は、実力のある投手といえよう。

先発投手は、7.0以上、中継ぎ投手は、8.0以上、抑え投手は、9.0
以上の数値があれば、かなり優秀だと言える。セ・リーグ先発投手では、
9.25をはじき出している広島のルイスが圧巻。抑え投手でも充分通用
する集中力は、他を圧倒している。後にも解説をするが、ルイスは制球力
も良く、防御率2位に堂々とランクするのも納得できる。
ルイスは外国人ながら、制球力・奪三振力など投手に必要な要素が高い本格派投手として、
日本のプロ野球を支える大投手となっていくであろう。第2位に巨人の内海投手、第3位に同じく
巨人のグライシンガーが名を連ねる。内海投手は、三振がとれる投手である上、被本塁打数も
少ない。三振のとれる投手は、一方で一発病に悩む事が多い。内海投手は、力任せに投げて
いるだけではない優秀な投手だと言えよう。

グライシンガーは、ルイスと同じく制球力が抜群に良く、セ・リーグを代表する投手として既に
認められている。外国人投手ばかりがクローズアップされているので、日本人投手も頑張って
欲しいものです。

特に、三振を取れて制球力のある横浜の三浦大輔投手には、特に期待しています。

中継ぎ投手では、阪神のウィリアムスがダントツで、続いて、巨人の豊田投手、同じく巨人の
山口投手、阪神の渡辺投手と続く。阪神と巨人の投手が上位を占めているというのは、今年の
戦い方を象徴している。ウィリアムスの好調時は誰が打席に立とうとも、バットに全くかすりも
しない状況だ。恐ろしい投手だ。

あと特筆すべきは、巨人の山口投手。三振もとれる、制球力も良い、被本塁打数も少ない、
かなりポテンシャルの高い投手であることは間違いない。クローザーとしても充分活躍できる
投手である。

抑え投手では、巨人のクルーン投手、阪神の藤川球児投手が圧倒しており、次に広島の
永川が続く。クルーン投手は、被本塁打数も少ないが、ワーストに位置づけられるほど
制球力が悪く、四死球で自滅するパターンも少なくない。一方、藤川投手は、被本塁打数も
少なく、制球力も抜群で3拍子揃ったファイヤーマンだ。勤続疲労は懸念されるが、実力は
NO1だ。広島の永川投手は、08年は大ブレイクしただけに、09年の更なる飛躍を期待
したい注目投手だ。
セントラルリーグ 奪三振率 <先発投手>
順位 選手名 球団 奪三振数(9回換算) 防御率
1位 ルイス 広島 9.52 2.67(2位)
2位 グライシンガー 巨人 7.52 2.67(1位)
3位 内海哲也 巨人 7.30 3.36(6位)
セントラルリーグ 奪三振率 <中継ぎ投手>
順位 選手名 球団 奪三振数(9回換算) 防御率
1位 ウィリアムス 阪神 10.57 3.09
2位 豊田清 巨人 9.52 3.30
3位 山口鉄也 巨人 8.43 2.32
4位 渡辺亮 阪神 8.02 2.67
セントラルリーグ 奪三振率 <抑え投手>
順位 選手名 球団 奪三振数(9回換算) 防御率
1位 クルーン 巨人 13.43 2.21
2位 藤川球児 阪神 11.97 0.67
3位 永川勝浩 広島 9.44 1.77
パ・リーグについても、追いかけてみよう。せ・リーグ同様、先発投手は、7.0以上、中継ぎ
投手は、8.0以上、抑え投手は、9.0以上の数値があれば、かなり優秀だと言える。
パ・リーグはDH制を採用している為、好投時は交代の確立が低くなり、投手本来の実力を
発揮できる。そのため、対象投手が数多いのが面白い。

先発投手では、9.78をはじき出しているソフトバンクの杉内投手が群を抜いている。続く
ダルビッシュ投手も9.33と言う驚異的な数値をはじき出している。この二人の、大味で
迫力あるピッチングは、ファンを魅了する。制球力も良く、四死球はほとんど与えないのも魅力。
ダルビッシュ投手は、押しも押されぬ球界のエースとして君臨しているが、杉内投手も負け数さえ
少なくすれば、日本のプロ野球を支える大投手として、一般の人にも知られる存在となる。

中継ぎ投手では、楽天の有銘投手と西武の岡本投手が高い数値を示している。残念ながら、
両投手とも制球力に欠け、もうひと伸びできてない。岡本投手に至っては被本塁打率も高く、
中日時代の絶対的なセットアッパーのポジションがやや薄らいでいる。下半身を鍛えなおし、
制球力をアップできれば、絶対的セットアッパーの復活も見えてくる。

抑え投手では、ソフトバンク・馬原投手、オリックス・加藤投手、日本ハム・MICHEAL投手
が順当に名を連ねる。注目すべきは、楽天の小山伸一郎投手。抜群の奪三振力をもっている。
しかしながら、与四死球率が高く、被本塁打率もかなり高い。クロザーとしての資質にかけて
しまう。楽天は、幾人かの完了投手を起用し工面している。小山投手が、しっかり制球力をつける
ことができれば、楽天の順位は飛躍的にアップすると思われるのに少し残念だ。
パシフィックリーグ 奪三振率 <先発投手>
順位 選手名 球団 奪三振数(9回換算) 防御率
1位 杉内俊哉 ソフトバンク 9.78 2.66(5位)
2位 ダルビッシュ有 日本ハム 9.33 1.88(1位)
3位 田中将大 楽天 8.29 3.49(12位)
パシフィックリーグ 奪三振率 <中継ぎ投手>
順位 選手名 球団 奪三振数(9回換算) 防御率
1位 有銘兼久 楽天 9.20 2.05
2位 岡本信也 西武 8.93 3.83
パシフィックリーグ 奪三振率 <抑え投手>
順位 選手名 球団 奪三振数(9回換算) 防御率
1位 馬原孝浩 ソフトバンク 10.71 2.79
2位 小山伸一郎 楽天 9.44 3.72
3位 加藤大輔 オリックス 9.29 3.29


■与四死球率の低い投手(プロ野球投手遍)
与四死球率が低い投手は、首脳陣や野手からの信頼も厚く、
なによりファンに与える印象も良くなる。四死球を与えないのは、
投手として基本能力のひとつでこの能力は低い投手は、いくら球が
速くても、変化球の切れが良くても意味が無くなる。

今回は、9イニングに換算して、どれだけ四死球を与えたかを
算出した。目安としては、2.0以下の数値を出せば、制球力は
かなり良いと言えよう。
まずは、セ・リーグからだ。下記のデータは規定投球回数をクリアした投手のみであるため、
制球力の良いと言われる中日投手陣は、抑えの岩瀬投手以外は名前があがってこないことを
留意しておいていただきたい。

先発投手では、先にもあげたように巨人のグライシンガーと広島のルイスが抜群の制球力を
示している。ヤクルトの石川投手、館山投手が上位に入るのも納得できる。3位の横浜・
三浦大輔投手も制球力は高く、三振もとれる投手であるが、ランナーを貯めてから一発ドカンと
本塁打を浴びる事が多く、防御率が低い。それを回避すれば、すべてのタイトルで上位に
名を連ねる投手となるのに、少し残念である。

中継ぎ投手は、巨人の豊田投手がダントツの成績を残している。おそらく、早めはやめの
勝負で、相手に球種・コースなどを選択させる前に雌雄が決しているからだと思われる。
続く巨人の山口投手・ヤクルトの押本投手もすばらしい制球力だ。

抑えでは、横浜・寺原投手、ヤクルト・林投手、阪神・藤川投手、中日・岩瀬投手と続く。
抑え投手は、剛速球、高速スライダー、切れのあるフォークなど、他の投手に無い決め球を
持っているのは当然だが、欠いてはいけない能力は、制球力だ。当たり前のように、
抑えで実績を残している投手は、四死球も少ない。

逆に、抑え投手で制球力の低い2人の投手に注目したい。ワースト1位は、巨人の
クルーン投手、ワースト2位は、広島の永川投手だ。クルーン投手は、崩れる場合は、
四死球による自滅がほとんどで、セーブ王のタイトルを取った割には、負け数も少なくは無い。
好不調の波があり、そのポイントはコントロールにあると言えよう。

一方、永川投手も四死球は多いが、アップアップしながらでも、最後は逃げ切るスタイルである。
ファンとしては、非常にハラハラさせられるが、08年は38セーブと立派な成績をのこしており、
広島の躍進を支えた人物の一人だと言えよう。

クルーン投手、永川投手は、三振をとる能力がダントツで、ランナーを貯めても自力で切り抜け
られることが、抑えで立派な成績を残せている要因であろう。
セントラルリーグ 与四死球率の低い投手 <先発投手>
順位 選手名 球団 低 与四死球数 防御率
1位 グライシンガー 巨人 1.35 3.06(6位)
2位 ルイス 広島 1.37 2.679(2位)
3位 三浦大輔 横浜 1.81 3.56(9位)
4位 館山昌平 ヤクルト 1.82 2.99(4位)
5位 石川雅規 ヤクルト 1.89 2.676(1位)
セントラルリーグ 与四死球率の低い投手 <中継ぎ投手>
順位 選手名 球団 低 与四死球数 防御率
1位 豊田清 巨人 0.97 3.30
2位 山口鉄也 巨人 1.47 2.32
3位 押本健彦 ヤクルト 1.73 3.34
セントラルリーグ 与四死球率の低い投手 <先発投手>
順位 選手名 球団 低 与四死球数 防御率
1位 寺原隼人 横浜 1.52 3.30
2位 林昌勇 ヤクルト 1.59 3.00
3位 藤川球児 阪神 1.73 0.67
4位 岩瀬仁紀 中日 1.84 2.94
ワースト 永川勝浩 広島 3.54 1.77
ワースト クルーン 巨人 3.98 2.21
パ・リーグ先発陣では、千葉ロッテ・渡辺俊介投手を筆頭に、楽天・岩隈投手、ソフトバンク・
杉内投手と続く。セリーグでは、本格派投手の方が制球力が良く、反対に技巧派投手は、
いまひとつピリッとしない傾向にあった。しかし、パリーグでは、ソフトバンク・渡辺俊介投手、
オリックス・山本省吾投手、西武・帆足投手など技巧派指数の高い投手が、四死球が少なく
制球力が高い。技巧派投手の活躍は、プロ野球の奥深さを知ることができ、本来の意味での
野球を楽しむことがでます。実力のパと言う表現が、戻ってきた感じがする。

先発陣のレベルの高さに比べ、中継ぎ・抑え投手の制球力が低く、後半に行くにしたがって、
四球を出す確率が高くなり、自滅のパターンが多いのもパリーグの特徴でもある。あえて、
制球力が良いといえる投手は、中継ぎで日本ハム・建山投手、千葉ロッテ・シコースキーの2人。
抑えでは、残念ながら該当者なしとなる。

制球力部門では、先発陣はパ・リーグが上、中継ぎ・抑えはセ・リーグが上という図式である。
パシフィックリーグ 与四死球率の低い投手 <先発投手>
順位 選手名 球団 低 与四死球数 防御率
1位 渡辺俊介 千葉ロッテ 1.51 4.17(18位)
2位 岩隈久志 楽天 1.61 1.87(1位)
3位 杉内俊哉 ソフトバンク 1.65 2.66(5位)
4位 山本省吾 オリックス 1.75 3.38(8位)
5位 帆足和幸 西武 1.96 2.63(4位)
パシフィックリーグ 与四死球率の低い投手 <中継ぎ投手>
順位 選手名 球団 低 与四死球数 防御率
1位 建山義紀 日本ハム 1.60 3.07
2位 シコースキー 千葉ロッテ 1.86 2.23
■本格派投手の被本塁打(プロ野球投手遍)
被本塁打は、投手にとって悔やんでも悔やみきれない一発として、大きな
ダメージを受ける。特に、序盤は磐石のピッチングをしていても、一球の
失投で全てが水の泡となってしまうことがある。

本格派投手は、一発病があると良く言われるが、データとしてはどのような
結果となっているのか、解析してみた。PFRと言うデータを元に、本格派、
技巧派の代表投手をピックアップしてみた。

セ・リーグで本格派投手に上げられるのは、先発では広島・ルイス投手、
巨人・内海投手が上げられる。中継ぎでは、阪神・ウィリアムス投手、渡辺投手、久保田投手
が上げられる。抑え投手はほとんどが、本格派となるので割愛。他にも、たくさんいるが、
本格派指数が数値的に高いこの5人を解析してみた。

被本塁打数は、0.7以上の数値は、比較的本塁打を打たれていると言える。逆に、0.4以下
であると本塁打を打たれていないと判断される。

上記の5名で、被本塁打率の高いのは阪神・久保田投手。少し高めなのは、広島・ルイス投手の
2人。逆に、内海投手や渡辺投手は、あまり打たれておらず、安心して見ていられる。本拠地球場
の規模が小さい広島市民球場でのルイス投手の許容範囲内の被本塁打率、本塁打が出やすい
とされる東京ドームでの内海投手の少ない被本塁打率を考えると、本格派投手ほど、一発を
打たれにくいのかもしれない。

と言うよりも、実力のある投手は被本塁打数も少ないと解析される。

データをじっくり見てみると、本格派・技巧派に関係なく、コントロールが良く、ボールの出し入れで
勝負する投手が、被本塁打率が高い。たとえば、カットボールで、バットの芯をはずしたり、
コーナーギリギリを攻める玄人好みの投手、横浜・三浦大輔投手や、川上憲伸投手は、突然
ガツンと本塁打を打たれる投手の筆頭格であろう。

制球力が良くても、抑え投手に良く見られるフォークや高速スライダーなど絶対的な決め球を
持っている投手がは、本塁打はあびていないのも特徴。

一世代前の野球とは違い、大味な投球をする投手は、失投をカバーできるほどの実力があると
言えよう。

結論からすると、本格派、技巧派には関係なく、繊細なコントロールを持ち味に、カットボール
などを駆使する玄人好みの一線級投手が、本塁打を打たれやすいと解析します。
セントラルリーグ 本格派投手 被本塁打率 <先発&中継ぎ投手>
順位 選手名 球団 被本塁打数(9回換算) 本格派指数
1位 ルイス 広島 0.61 1.18(1位)
2位 内海哲也 巨人 034 1.20(2位)
1位 渡辺亮 阪神 0.27 1.31(2位)
2位 ウィリアムス 阪神 0.49 1.45(3位)
3位 久保田智之 阪神 0.84 1.28(1位)


■気になる投手(プロ野球投手遍)
セ・パ両リーグを通じて、非常に気になる投手が一人いる。
それは、北海道日本ハムファイターズのスウィニー投手である。
スウィニー投手は、奪三振率は、リーグ最低、与四死球率・
被本塁打率もワーストランキングに名を連ねる。である為、防御率も
3.48と、規定投球回数に達している先発投手中、リーグ11位で、
ローテーションの軸である割には、10傑にもは行っていない。

ところが、勝ち星は12勝5敗で 勝率7.06と高い勝率を残している。
打者との対戦内容としては、決して良い投手とは言えないので
あるが、勝ち星が先行する結果を残す投手である。援護点が多いとしか考えにくい。

日本ハム打線は、普段爆発力が期待できないが、スウィニー投手が投げるときは爆発する。
この図式が成り立っているち思われる。投球テンポが良い、勝負が早く守備時間が短い、
打席に集中できるなど、野手にとって好都合な条件が揃っているのかもしれない。

あと、スウィニー投手は、フェアーゾーンに飛んだホームラン以外の打球が安打になる確率
(BABIP指数)が低い。つまり、スウィニー投手が投げる時は、他の投手のときに比べ、
野手が素晴らしくよく守ると言うデータが出ている。全てを見方にする面白い投手だ。この
不思議な現象を、スウィニー投手の投球術に詳しい方に、是非教えていただきたいものです。
パシフィックリーグ 被安打率 (BABIP指数)
順位 選手名 球団 低 与四死球数 防御率
1位 スウィニー 日本ハム .242 3.48(11位)
2位 ダルビッシュ有 日本ハム .261 1.88(2位)
3位 大隣憲司 ソフトバンク .262 2.66(6位)
4位 小松聖 オリックス .266 2.51(3位)
5位 成瀬善久 千葉ロッテ .273 3.23(7位)





スコアボード


おもしろデータ プロ野球投手編 おもしろデータ プロ野球打者編

WHIP   安定感ある投手

DIPS   投手本来の能力ランキング

■HldR    自己責任処理率

■K/BB   安定度の高い投手

    <バックナンバー>
       ・2010年度 投手編
       ・2009年度 投手編

      2008年度 TOP

■NOI   長打・攻撃力のある本物の打者

■IsoD   安打以外の出塁率

■XR27  チーム貢献度・総合打撃指数

■一気にテンションを下げられる併殺打率

    <バックナンバー>
       ・2010年度 打者編
       ・2009年度 打者編
       ・2008年度 TOP
球団別戦力分析◆セントラル・リーグ◆
中日ドラゴンズ 阪神タイガース 読売ジャイアンツ
東京ヤクルトスワローズ 広島東洋カープ 横浜ベイスターズ
球団別戦力分析◆パシフィック・リーグ◆
福岡ソフトバンクホークス 埼玉西武ライオンズ 千葉ロッテマリーンズ
北海道日本ハムファイターズ オリックス・バファローズ 東北楽天ゴールデンイーグルス
リンク集 プロフィール


番外編 趣味のページ
雑記帖 キャンプ&アウトドア 山のページ
各種スポーツ@(あ〜お) 各種スポーツA(か〜す) 各種スポーツB(す〜な)
各種スポーツC(は〜ほ) 各種スポーツD(ほ〜ら) ダイビング

ニュー スポーツ
チュックボール ブーメラン フライングディスク ペタンク


ボール&メット
相互リンク募集中です。
whistle200@yahoo.co.jpまでご連絡ください。お待ちしております。
Copyright(C)2005 Whistle プロ野球実践データ記録室  All Rights Reserved