東京ヤクルトスワローズ☆2011年球団別戦力分析

東京ヤクルトスワローズ

プロ野球〜プロ野球実践データ記録室

☆東京ヤクルトスワローズ☆



東京ヤクルトスワローズ〜2011球団別戦力分析

スタジアム

東京ヤクルトスワローズ 打撃部門
東京ヤクルトスワローズの打撃陣は、ジャイアンツやタイガース
のような派手さは無いもののつなぎの野球で、効率よい得点が
できる渋い打線だ。史上初の2度目の200本安打を記録した青木、
巧打・機動力の田中が1・2番を組み、出塁率は抜群。

クリンナップは、昨年すばらしいパワーを発揮したホワイトセル、
新外国人のバレンティン、そして和製大砲畠山で構成。
なかなかの破壊力を持っている。この上位打線は、非常に効率よく
得点に結びつけると思われ、ある意味安定感のある打線と言えよう。
下位打線には、宮本、相川、川端と“いぶし銀”の働きをする選手がおり、つなぎの野球を
演じてくれるだろう。40歳となった宮本が、フル出場できるかは不安だが、藤本や川島、
荒木など、控えの遊撃手として出番をうかがっている選手が、カバーできると思われるので、
問題はなさそうだ。

1・2番、下位打線は、粘り強く結果に繋げてくれると思うので、東京ヤクルト
スワローズの打撃のキーマンは、ずばり畠山。昨年、高田監督から小川監督代行になり、
代打要員からスタメンに抜擢。期待にこたえる活躍をしたが、今年が正念場。1年間フル
出場と昨年以上の成績を残せれば、東京ヤクルトスワローズのAクラス入りは、確実に
見えてくるだろう。


◆東京ヤクルトスワローズ 投手部門
東京ヤクルトスワローズの強みといえば、何といっても勝ちを
計算できる安定感あるな先発投手陣。右は館山、由規、左は
石川、村中と4枚看板で、屋台骨を支える。その後にも、
ルーキーながら昨年7勝の中澤、先発再転向の増渕、続く赤川、
日高、七條など、新戦力の活躍が見られれば、向かうところ
敵無しだ。

中継ぎには、押本、松岡が核となり、松井、吉川など、状況に
応じて対応できる投手をずらりとラインナップしている。
これも抑えに、林昌勇がどっしりとかまえてくれているお陰。林の残留はチームにとって、
かなり大きい。林が在籍する2年間で、投手王国を築き上げ、常に優勝争いをする
チームとして変貌を果たしてもらいたい。


◆東京ヤクルトスワローズ 総合評価 75 B
先発      ★★★★★★★★★☆ 9
中継ぎ    ★★★★★★☆☆☆☆ 6
抑え      ★★★★★★★★★★ 10
内野守備力 ★★★★★★★★☆☆ 8
外野守備力 ★★★★★★★☆☆☆ 7
捕手      ★★★★★★★☆☆☆ 7 
打撃力    ★★★★★★★☆☆☆ 7
機動力    ★★★★★★★☆☆☆ 7
ベンチワーク    ★★★★★★★☆☆☆ 7
選手層    ★★★★★★★☆☆☆ 7
今年の東京ヤクルトスワローズは、バランスのとれた組織力あるチームに仕上がっている。
いまひとつ決め手に欠けるのが、青木や林昌勇など突出した人材はいるが、投打の
中心となるエースや4番に物足らなさを感じるからだろう。しかし、各選手が、自分の
立場を充分に理解し、役割をキッチリと果たす隙の少ないチームであり、漏れも少ない。
守りを重視した少ない得点で勝ちに繋げる野球をどこまで出来るかが、キーポイント。
勝負強く競り勝つだけのチーム力は充分にある。昨年優勝した中日ドラゴンズは、言わずと
しれた投手王国で、継投につぐ継投で僅差をものにするいやらしいチーム。そのドラゴンズに
ヤクルトスワローズは圧倒的に昨年は、勝ち越している。同じチームスタイルでの勝負なら、
スワローズの方が一枚上であることが良くわかる。ただ、昨年は高田監督辞任のあと、
小川監督代行が自由な采配で勝利に結びつけることが出来たが、今年は就任2年目、正式に
監督として采配を振るわなければいけない。昨年とは違った立場での監督采配が見もので
あるし、また、ベンチワークが東京ヤクルトスワローズの浮沈の鍵を握ると予想される。


◆東京ヤクルトスワローズの主力選手
  館山昌平(たてやま しょうへい) ★★★★★

サイドスローの先発右腕投手。最速152km/hの速球を投げ込む
本格派投手で、主にスライダー、シュートなどで横へ揺さぶり、
フォークで相手打者を抑えるピッチングスタイル。カーブ・フォーク・
シンカーと多彩な変化球も持っている。コントロールもよく、どんな
場面でも冷静に対応できる頭脳は投手として活躍。



  石川雅規(いしかわ まさのり) ★★★★
    
日本プロ野球界を代表する軟投派投手の一人。カットボール、
スライダーやシンカー、シュート、カーブ、チェンジアップなど、多彩な
変化球で打たせて取るピッチングが持ち味。ストレート球速は、
平均で130km/h台半ばと、スピードが出ないため、変化球のキレと
正確なコントロールで打者を打ち取るピッチングスタイル。被打率が
高く、打たれているイメージが高いが、低い与四球率と粘り強い
     ピッチングで上手くカバーしている。公称169cmの小柄な体格から、「小さな巨人」、
     「小さな大エース」といったキャッチフレーズが用いられている。 小さな体から
     投げられるカットボールは、右打者の胸元をえぐり、外角に沈むスクリューボールが
     武器。打たせて捕るピッチングが主体であるが、リーチが長く遠心力を使った
     ストレートにも威力がある。


  由規 (さとう よしのり) ★★★★

最速161kmをマークした速球派右腕。ローテーションの柱としてフル稼働。
常時150kmのストレートを軸に、スライダー、カットボールとフォーク、
チェンジアップで縦横の揺さぶりをかけるピッチングスタイル。
速球派投手には ありがちであるが制球力に少し難がある。体の軸が
ぶれて安定しないものと思われる。しかし、そこそこの荒れ球は、
相手を翻弄している。スピードボールのキレさえあれば、大まかな
       コントロールでも抑えることができる。それほど、ボールに威力がある。勝負球に
       ストレートを選択すると打者に狙い撃ちにされる傾向がある。組み立てを工夫
       すれば、ヤクルトスワローズの大エースとして大きく飛躍するだろう。


  林昌勇(イム チャンヨン) ★★★★★

日韓通算200セーブを達成した東京ヤクルトスワローズの
クローザー。右のサイドスロー。躍動感溢れるワインドアップから
最高球速157km/hのチュラルツーシームを投げ込む。大きくノビの
ある「ぐいっ」と曲がる特異な球筋で、韓国では「蛇直球」と
呼ばれていた。変化球は高速スライダー、チェンジアップ、シンカー
       を用いる。速球派ではあるが、コントロールも悪くない。スピードのある変化球
       と速球で、次々に三振にとるシーンは圧巻。



  青木宣親(あおき のりちか)★★★★★

俊足による盗塁と、確実性の高いシュアなバッティングを武器に
安打を量産するアベレージヒッター。広いミートを活かした
広角打法とレフト方向への流し打ちが持ち味。一方で長打力も
上がっており、クリーンナップの一角を担うこともある。複数の
バッティングフォームを使い分けることでも有名であるが、
       コンパクトにコマのように回転するバッティングスタイルを軸としている。
       守備力も定評があり、 俊足を生かした守備範囲の広さは、チームの危機を
       数多く救っている。積極的にボールを追いかけるせいでの失策をすることも
       あるが、守備でもバッティングでも球界のトップに立つ、俊足巧打の
       リードオフマンである。



   バレンティン (うらじみーる ばれんてぃん) ★★★★★

パワーヒッターだが、広角に打ち分けることができる。
スイングスピードが速いため、差し込まれてもヒットにできる打球の
速さがある。フルスウィングが魅力なため、三振も多い。三振は
多いが、短打も意識して打つことができ、安定的な打率も残す。
ヤクルトスワローズの4番打者として、実績を残すことは間違いない。
守備も悪くはなく、強肩を活かして外野の守備をそつなくこなす。
          バレンティンの加入で、ヤクルトスワローズ優勝の文字も見えてきた。
          バレンティンの活躍により、畠山も活かせるし、宮本にも良い影響を与える。
          大きな期待を背負った大砲だ。



   畠山和洋 (はたけやま かずひろ) ★★★★

長打力が魅力のパワーヒッター。独特のバッティングフォームから
放たれる打球は非常に鋭く、野手の間を一気に抜ける。右方向にも
強い打球を打てるのが魅力だが、インコースのボールに
差し込まれる傾向がある。守備力は褒めれれたものではないため、
打撃で結果を残さないとレギュラー出場は難しくなる。守れる
ポジションが限られているため、外国人パワーヒッターに出番を
         奪われてしまうことがあった。上手くレギュラー出場ができれば、日本人大砲
         として、ビッグネームになるだろう。


  宮本慎也(みやもと しんや) ★★★★

東京ヤクルトスワローズを代表する名手。日本代表の主将をも
努めた、日本球界の宝。堅実なグラブさばきに安定した
スローイングと、長年に渡って遊撃手として、ポジションを確保。
年齢的にもベテラン選手の仲間入りをしているが、打撃の安定感
も変わらず、チームに無くてはならない存在となっている。
東京ヤクルトスワローズの顔として、今年も活躍を期待される。



スコアボード


おもしろデータ プロ野球投手編 おもしろデータ プロ野球打者編

WHIP   安定感ある投手

DIPS   投手本来の能力ランキング

■HldR    自己責任処理率

■K/BB   安定度の高い投手

    <バックナンバー>
       ・2010年度 投手編
       ・2009年度 投手編

      2008年度 TOP

■NOI   長打・攻撃力のある本物の打者

■IsoD   安打以外の出塁率

■XR27  チーム貢献度・総合打撃指数

■一気にテンションを下げられる併殺打率

    <バックナンバー>
       ・2010年度 打者編
       ・2009年度 打者編
       ・2008年度 TOP
球団別戦力分析◆セントラル・リーグ◆
中日ドラゴンズ 阪神タイガース 読売ジャイアンツ
東京ヤクルトスワローズ 広島東洋カープ 横浜ベイスターズ
球団別戦力分析◆パシフィック・リーグ◆
福岡ソフトバンクホークス 埼玉西武ライオンズ 千葉ロッテマリーンズ
北海道日本ハムファイターズ オリックス・バファローズ 東北楽天ゴールデンイーグルス
リンク集 プロフィール

番外編 趣味のページ
雑記帖 キャンプ&アウトドア 山のページ
各種スポーツ@(あ〜お) 各種スポーツA(か〜す) 各種スポーツB(す〜な)
各種スポーツC(は〜ほ) 各種スポーツD(ほ〜ら) ダイビング

ニュー スポーツ
チュックボール ブーメラン フライングディスク ペタンク


ボール&メット
相互リンク募集中です。
whistle200@yahoo.co.jpまでご連絡ください。お待ちしております。
Copyright(C)2005 Whistle プロ野球実践データ記録室  All Rights Reserved