千葉ロッテマリーンズ☆2011年球団別戦力分析

千葉ロッテマリーンズ

プロ野球〜プロ野球実践データ記録室

☆千葉ロッテマリーンズ情報☆



千葉ロッテマリーンズ
〜2011球団別戦力分析


スタジアム

千葉ロッテマリーンズ 打撃部門
千葉ロッテマリーンズ打撃陣の特徴は“繋ぐ野球”。チーム打率は
リーグトップで、切れ目がなく、どこからでも点を取れる。
2アウトからの得点シーンも多く、粘りのある野球も特徴的だ。
上位打線・下位打線の力の差もすくなく、相手投手も気を
抜く暇はない。ただし、リードオフマンで、2010年度首位打者に
輝いた西岡がメジャー移籍した事は非常に痛い。昨年、前半線で
離脱した荻野貴が上手く穴を埋めてくれれば、今年も
強力“マリンガン打線”もが継続される。荻野、清田、井口、サブロー、今江、大松、金泰均、
福浦、里崎。文字通り“打線”だ。今年も、魅力溢れる攻撃で日本一をもぎ取ってもらいたい。


◆千葉ロッテマリーンズ 投手部門
先発の柱は、不動のエース成瀬。好調時はもちろん、調子が悪い
ときでも打ちあぐんでしまう、一流投手。球の勢いだけでなく、
テクニックとコンビネーションに優れている。ここ一番は成瀬で
しのいでも、その後に続く投手が物足りない。渡辺俊介、マーフィー、
吉見に加え、大嶺、唐川といった若手の台頭が期待される。
中継ぎは、薮田、伊藤、秋親の右腕投手がどっしりと構え、
手薄だった中継ぎ左腕は、日本ハムから山本を補強し、古谷と2
枚は備てている。問題は、クロザーだ。FA移籍した小林宏之の
穴を、内が埋められるかがキーポイントになる。内は、球界屈指の速球とスライダーを武器に
狙って三振をとれる投手。クローザー向きの落ち着いたピッチングも魅力。千葉ロッテの
投手陣は、中継ぎ、抑えと計算できる投手が多い。問題は、先発陣。どこまでゲームを
作ってくれるかが浮沈のカギとなるだろう。

◆千葉ロッテマリーンズ 総合評価 83 A
先発       ★★★★★★★★☆☆ 7
中継ぎ     ★★★★★★★★☆☆ 7
抑え       ★★★★★★★★☆☆ 8
内野守備力  ★★★★★★★★☆☆ 8
外野守備力  ★★★★★★★★☆☆ 8
捕手       ★★★★★★★★☆☆ 8 
打撃力     ★★★★★★★★★☆ 9
機動力     ★★★★★★★★☆☆ 8
ベンチワーク     ★★★★★★★★☆☆ 8
選手層     ★★★★★★★★☆☆ 8
総合力は高いチームではあるが、リードオフマン西岡、クローザー小林宏之の抜けた穴を
どう埋めるかが今シーズンのキーポイントとなる。抑えの穴は、内が埋めてくれるだろう。
問題は西岡の穴を若手がどう埋めるかだ。昨年 大活躍した荻野や清田、足を使った
魅力的なプレーをする岡田幸文などが、力をつけてきており、なんとかカバーできると
思われる。ただ、シーズン中盤の一番苦しいときに、経験少ない若手陣がどこまで
踏ん張れるかは疑問。今江や、井口、サブローなど中核メンバーの牽引が必要。連勝、
連敗の波が激しいチームだと思われるので、連敗をどれだけ早めにとめられるか、負け数を
どこまで少なくできるかが、今年の千葉ロッテマリーンズを左右すると予想される。


◆千葉ロッテマリーンズの主力選手
  成瀬善久(なるせ よしひさ)★★★★★

高い制球力を武器に三振を奪う技巧派左腕。ボールの出所を隠しながら
ゆったりしたモーションでの投球が特徴。変則的なフォームで打者の
タイミングを外す。ストレートは、MAXでも142km/hとスピードは無いが
抜群の伸びがある。球種はストレート、スライダー、チェンジアップ、
フォーク、カーブ、スクリューと多彩。07年に最優秀防御率のタイトルを
獲得した千葉ロッテマリーンズの左のエース。


  唐川侑己(からかわ ゆうき) ★★★★

ゆったりとしたフォームから手元でビュッと伸びるボール投げる。安定性
のあるフォームはブレがなく、高い制球力を持っている。コントロールに
自信があるからか、ボール球を上手く使う。球種は主に、速球と切れ味
鋭いスラーダー、そして、縦に大きく割れるカーブを要所で使う。
緩急を使ったコンビネーションピッチングが売り。2桁は確実に勝てる
ローテーションの柱。



  渡辺俊介(わたなべ しゅんすけ) ★★★★
   
現球界で唯一のアンダースロー投手。千葉ロッテマリーンズの
中心投手。下から浮き上がってくる独特のボールは、地上すれすれ
からリリースされ、ホップする。躍動感あふれる投球ホームは、一度
球場で見て貰いたい。打者により得て不得手がはっきりしている。
左打者には弱かったが、外側のシンカーを有効的に使うことにより、
押さえ込んでいる。苦手もなくなり、確実に2桁勝利を。


  内竜也(うち たつや) ★★★★

コンスタントに150km前後のスピードを出す速球派右腕。クローザーを
勤めるにはもってこいの速くて重いボールが持ち味。打者の手元で、
鋭く変化するスライダーに、打者は思わず手を出し、ハーフスウィングでの
空振りも多い。カットボールやフォークボールも時折投げるが、ほとんどが
ストレートとスライダーで組み立てる。それでも充分に勝負できる本格派。


  今江敏晃(いまえ としあき) ★★★★

千葉ロッテマリーンズ野手の顔として活躍。バレンタイン監督の愛弟子と
してボビーチルドレンとして頭角を現し、日本代表選手としても活躍。
しかし、9番を打つことが多く、本来の力を発揮できずにいた。その後、
クリンナップに固定され、打撃力が格段にアップした。広角に強い打球を
飛ばせることが魅力。その上、大舞台に強いことも大きな魅力。
日本シリーズMVPも2度獲得している。また、魅力は打撃力だけでは
       なく、守備力も高く、3塁手として05年〜08年とゴールデングラブ賞を獲得
       している。攻守ともにハイレベルなスタープレヤーだ。 


  サブロー(さぶろー) ★★★★

つなぐ4番の代名詞をもつ、マリーンズの中心選手。本来は、巧打者で
6番あたりで、クリンアップの後を上手い打撃でランナーを返すのが適役。
左へ打球を打つのが上手い打者だが、コンパクトい振りぬくことで、
右へ強く引っ張ることもできる。チャンスに強く打点を稼げることから、
4番を打つことが多い。守備力も高く05年、08年と2度ゴールデン
グラブ賞を受賞している。ベテラン選手となったが、まだまだチームを
     牽引し、日本一に導いてほしい。


  井口資仁(いぐち ただひと) ★★★★

井口選手といえば、右方向への長打。リストの強さは抜群で、アウト
コースのボールを見事にかっ飛ばす。バランスを崩されても、右翼スタンド
へ放り込めるテクニックとパワーを持ち合わせている。チャンスでの強さも
天下一品で、非常に頼りになる。精神力も高いため、チームの支柱と
なっている。守備も安定感があり、フットワークとグラブさばきは、他を
寄せ付けない。手首が強いため、無理な体勢からでも、スナップスローで
      打者走者を上手く刺す。ベテランになってもセカンドの守備力は健在。まだまだ、
      チームの中核として、活躍しそうな人気選手だ。


  福浦和也(ふくうら かずや) ★★★

典型的な中距離ヒッターで、二塁打が多いのが特徴。変化球にも
フォームを崩さず、くさいコースはファールするカット技術がある。
派手なプレーを期待したいが、巧打に徹し千葉ロッテマリーンズの
攻撃スタイルを崩さず優勝に貢献したい。



スコアボード


おもしろデータ プロ野球投手編 おもしろデータ プロ野球打者編

WHIP   安定感ある投手

DIPS   投手本来の能力ランキング

■HldR    自己責任処理率

■K/BB   安定度の高い投手

    <バックナンバー>
       ・2010年度 投手編
       ・2009年度 投手編

      2008年度 TOP

■NOI   長打・攻撃力のある本物の打者

■IsoD   安打以外の出塁率

■XR27  チーム貢献度・総合打撃指数

■一気にテンションを下げられる併殺打率

    <バックナンバー>
       ・2010年度 打者編
       ・2009年度 打者編
       ・2008年度 TOP
球団別戦力分析◆セントラル・リーグ◆
中日ドラゴンズ 阪神タイガース 読売ジャイアンツ
東京ヤクルトスワローズ 広島東洋カープ 横浜ベイスターズ
球団別戦力分析◆パシフィック・リーグ◆
福岡ソフトバンクホークス 埼玉西武ライオンズ 千葉ロッテマリーンズ
北海道日本ハムファイターズ オリックス・バファローズ 東北楽天ゴールデンイーグルス
リンク集 プロフィール

番外編 趣味のページ
雑記帖 キャンプ&アウトドア 山のページ
各種スポーツ@(あ〜お) 各種スポーツA(か〜す) 各種スポーツB(す〜な)
各種スポーツC(は〜ほ) 各種スポーツD(ほ〜ら) ダイビング

ニュー スポーツ
チュックボール ブーメラン フライングディスク ペタンク


ボール&メット
相互リンク募集中です。
whistle200@yahoo.co.jpまでご連絡ください。お待ちしております。
Copyright(C)2005 Whistle プロ野球実践データ記録室  All Rights Reserved