福岡ソフトバンクホークス☆2011年球団別戦力分析

福岡ソフトバンクホークス

プロ野球〜プロ野球実践データ記録室

☆福岡ソフトバンクホークス情報☆



福岡ソフトバンクホークス〜2011球団別戦力分析

スタジアム

福岡ソフトバンクホークス 打撃部門
大技・小技の両方がバランスよく構成された得点力の高い
チームだ。特に今期は、セ・リーグで2年連続3割をマークした
内川、オリックスの主砲としてポイントゲッターだったカブレラの
加入は非常に大きい。特に、小久保・松中の両ベテランが
精彩を欠いてきており、長打力不足が不安材用として
あげられていただけに、カブレラの加入は大きい。
チーム3冠の多村への負担も軽減ざれる。川崎、本田の1・2番コンビは今年も健在で、
12球団1の盗塁数を誇る脚力を、遺憾なく発揮してくれるだろう。松田、長谷川といった
下位打線の活躍を期待したいところだが。小久保、松中、オーティズのDH枠の争奪戦も
楽しみ。ベテラン、中堅、若手と上手くバランスが取れたチームなので、隙は殆どない
といった印象だ。投手力に加え、圧倒的な得点力で、他球団を一歩リードという感じはする。


◆福岡ソフトバンクホークス 投手部門
  福岡ソフトバンクホークスの投手陣といえば、杉内・和田の
  ダブルエースが何を置いても語られる。球界のエースが、
  同チームに二人いると言う強みは、他を圧倒している。
  しかし、両エースに続く投手も、大隣、小椋、山田と左腕が続く。
  先発右腕投手の不足が課題となっている。復活を期待される
  右の本格派 新垣や、若手成長株の大場、岩嵜などの台頭が、
  期待される。中継ぎには、攝津を筆頭に、ファルケンボーグ、
  甲藤など安定感がり、抑えには馬原と磐石の布陣で構成
  されている。先発右腕不足を中継ぎ陣がどう補うかが
  リーグ連覇の鍵を握りそうだ。


◆福岡ソフトバンクホークス 総合評価 86 A
先発    ★★★★★★★★☆☆ 8
中継ぎ   ★★★★★★★★★☆ 9
抑え    ★★★★★★★★★☆ 9
内野守備力 ★★★★★★★★☆☆ 8
外野守備力 ★★★★★★★★☆☆ 8
捕手    ★★★★★★★★☆☆ 8 
打撃力   ★★★★★★★★★★ 10
機動力   ★★★★★★★★★★ 10
ベンチワーク   ★★★★★★★★☆☆ 8
選手層   ★★★★★★★★☆☆ 8
福岡ソフトバンクホークスは、FAにて内川、細川の2選手と、外国人大砲カブレラを
獲得した。打撃面で内川、カブレラの加入は大きいが、それ以上に泣き所であった捕手の
ポジションに、強肩細川をすえることが出来たのは、非常にプラスである。有能なピッチング
スタッフをどこまで引っ張っていけるかも注目したいところだ。長打力不足が課題と
なっていたクリンナップも、カブレラの加入で強力打線になった。、小久保、松中の
ベテラン勢もウカウカしておれず、もう一花咲かしてくれそうだ。全てが揃ったバランスの
良いチームで、リーグ連覇は間違いないと思われるほど、磐石のメンバーだ。


◆福岡ソフトバンクホークスの主力選手

   杉内俊哉(すぎうち としや) ★★★★★
    
球界を代表する左のエース。セットポジションから
ゆったりしたモーションで投球する、非常にバランスの
とれたフォームが特徴。非常に球もちがよく、相手打者は
なかなかタイミングがとれない。武器は抜群の制球力と
多彩な変化球。持ち球は、低めコーナーに決まるカーブを
筆頭にスラーブ、スライダー、サークルチェンジ、パーム。
最速150km/hのストレートも伸びがあり、リリース時だけに
          力を集中させ、しかも球もちがいい為、狙って三振を奪える。
          最多勝(05年)、最優秀防御率(05年)、最多奪三振(08.09年)



   和田 毅(わだ つよし) ★★★★★

故障に悩まされ2年連続2桁勝利から離れていたが、
2010年17勝を上げ復活。ストレートはMAX146km/hほど
ではあるが、初速と終速の差が少なく、他の投手より
かなりのノビがある。150km/h 中盤の体感速度があると
いわれている。更に球の出所がわかりづらい独特の
フォームと併せて打者のタイミングを外し三振を量産する。
            変化球はスライダー、サークルチェンジ、カーブ、フォークを投げる。
            決してコントロールが悪いというわけではないが、逆球が多く、
            まさかの一発を浴びてしまうのも特徴の一つ。


   ホールトン(ほーるとん) ★★★★
    
2010年は右内転筋を痛め戦線離脱。年棒ダウン提示に
折り合いがつかず自由契約となったが、土壇場で再契約。
ケガさえなければ、実績を残せる投手。速球は140km/h
前後しかでないが、打者の手元で微妙に動く、いわゆる
ムービングファストボールで打たせて取る。変化球は、
スライダーと縦に割れるカーブ、チェンジアップが中心で、
             三振を奪える。制球力がよく、まとまりすぎるという指摘もあるようだ。



   攝津 正(せっつ ただし) ★★★★

抜群の制球力が最大の武器。外角低めの出し入れが中心で
失投はほとんど見られない。脱三振も多いが、空振りでの三振
というよりも、コーナーぎりぎりの見逃し三振が多い。
ストレートは最速148km/hで、変化球はカーブ、スライダーと、
2種類あるシンカー。2011年は先発に転向。テイクバックの
小さく球の出所がわかりにくいので、先発でも充分活躍できると
              思われる。スタミナだけがきになるところだ。


   山田大樹(やまだ ひろき) ★★★

日本人離れした恵まれた体格から投げ込まれる速球は、
140km/h台後半をマークする。最速152km/hの左腕は
非常に打ちづらい。変化球は、スライダーと縦に割れるカーブ。
一旦、自由契約になったが、「速い球を投げる左腕は
いくらでもいていい」という球団会長・王貞治のひと言で、
テスト生として参加。育成枠から台頭してきた苦労人。



   川崎宗則(かわさき むねのり) ★★★★★
    
盗塁王、最多安打、ゴールデングラブ賞など数々のタイトルを
てにしてきた、走攻守に秀でたリードオフマン。04年WBC
キューバ戦で、イチローのライト前ヒットで二塁からホームへ
一気に生還しようとした際、捕手のブロックのわずかな
すき間から右手をねじ込んで生還した。これが「神の右手」
として話題。その後は毎年のようにケガに悩まされ続けている。
             盗塁王(04年)、最多安打(04年)、ゴールデングラブ賞(04.06年)と
             多くのタイトルを取っているが、ケガさえなければ、イチローに一番
             近い野手といわれている。


   本多雄一(ほんだ ゆういち) ★★★★

左右に打ち分けるバットコントロールが売り。どちらかと言うと
左方向に流すパッティングが多く見られるが、インコースは
思い切り引っ張ったり、高めは強烈にたたくなど、パンチ力も
ある。脚力に優れ、2010年は盗塁王に輝いている。成功率が
少し低いのは気になるが、思い切りの良さが魅力。また、
脚力を活かした守備力にも定評があり、ソフトバンクの看板
            選手のひとりに成長した。


   多村仁志(たむら ひろし) ★★★★

パンチ力があり、左右に長打を打てるスラッガー。
ホームベースから、かなり遠い位置に立ち、しっかり
踏み込んで打つバッティングスタイル。外角の球をしっかり
捉えてスタンドインさせるため、相手投手は内角を攻めたいが
パワーヒッターだけに攻めきれない。追い込まれても安定した
打率を残す。また、左右どちらの投手にも上手く対応し、
             苦手コースも少ない。ケガが多いのが気になるところ。充分留意し、
             結果を残していきたい。


  内川聖一(うちかわ せいいち) ★★★★★

勝負強さと状況に応じたバッティングに加え、長打力も秘めた
好打者。ボールを体の近くまで引き付けて打つ独特の
バッティングスタイル。ヒッティングポイントを遅らせること
により、高低内外の見極めが良くなり、結果ボール球を
振らない。外角低めの厳しいボールへの対応、きわどい
投球を見極め、変化球への対応力が高い。球種とコースに
よって打球が自然と広角に飛んでいく。今後も安定した
             アベレージを残せるに違いない。


   小久保裕紀(こくぼ ひろき) ★★★

ここ数年、怪我で本来の実力を発揮できていない和製大砲。
内角球を右中間に本塁打できる打撃は、技術的にはかなり
高い。しかし、本来すくい上げるようなスイングなため、
ここ数年はインコーナー高めの速いボールには対応できて
いない様に感じる。外へ逃げる変化球にも弱点があるように
思える。本来は、アベレージより、本塁打、打点を稼ぐ
選手なのだから、よさを前面に押し出してほしい。


   カブレラ(アレックス カブレラ) ★★★★

打席で構える際に背中を後方に反る独特の構えが特徴の
スラッガー。豪快なフルスイングが身上のパワーヒッターで、
地面スレスレや目の高さのボール球だろうと振ってくる打ちたがり
な性格である。しかしバットコントロールは極めて巧みで、度々
打点狙いの軽打や右打ちも見せるなど、チームバッティングも
心がけている。また、強靭な筋力で打球を上方向に上げる
           打撃をするため、特大本塁打も多い反面、特大すぎるがために、
           ドーム球場の天井に打球が直撃し、本塁打を損したエピソードも
           多数ある。守備では主に一塁を守るが、見た目や印象とは裏腹に
           グラブ捌きが上手く、守ってもチームに貢献している


   松中信彦(まつなか のぶひこ) ★★★

04年に三冠王に輝いたバットマン。内角を捌くのが非常に
うまく、普通の左打者より引っ張った時の打球が右に
切れにくい。打点をバットの芯より若干根元部分にずらして
打つことで、体をあまり開かず回転させる。独自の理論と
テクニックに裏づけされた打撃力ということだ。
また、ホームランバッターでありながら三振が少ないのも
特徴。年齢的な衰えは否めないが、ベテランの強みを持って、
            今年もチームを引っ張ってもらいたい。

 


スコアボード


おもしろデータ プロ野球投手編 おもしろデータ プロ野球打者編

WHIP   安定感ある投手

DIPS   投手本来の能力ランキング

■HldR    自己責任処理率

■K/BB   安定度の高い投手

    <バックナンバー>
       ・2010年度 投手編
       ・2009年度 投手編

      2008年度 TOP

■NOI   長打・攻撃力のある本物の打者

■IsoD   安打以外の出塁率

■XR27  チーム貢献度・総合打撃指数

■一気にテンションを下げられる併殺打率

    <バックナンバー>
       ・2010年度 打者編
       ・2009年度 打者編
       ・2008年度 TOP
球団別戦力分析◆セントラル・リーグ◆
中日ドラゴンズ 阪神タイガース 読売ジャイアンツ
東京ヤクルトスワローズ 広島東洋カープ 横浜ベイスターズ
球団別戦力分析◆パシフィック・リーグ◆
福岡ソフトバンクホークス 埼玉西武ライオンズ 千葉ロッテマリーンズ
北海道日本ハムファイターズ オリックス・バファローズ 東北楽天ゴールデンイーグルス
リンク集 プロフィール

番外編 趣味のページ
雑記帖 キャンプ&アウトドア 山のページ
各種スポーツ@(あ〜お) 各種スポーツA(か〜す) 各種スポーツB(す〜な)
各種スポーツC(は〜ほ) 各種スポーツD(ほ〜ら) ダイビング

ニュー スポーツ
チュックボール ブーメラン フライングディスク ペタンク


ボール&メット
相互リンク募集中です。
whistle200@yahoo.co.jpまでご連絡ください。お待ちしております。
Copyright(C)2005 Whistle プロ野球実践データ記録室  All Rights Reserved