読売ジャイアンツ☆2011年球団別戦力分析

ジャイアンツ

プロ野球〜プロ野球実践データ記録室

☆ジャイアンツ情報☆



読売ジャイアンツ
〜2011球団別戦力分析


スタジアム

◆読売ジャイアンツ 打撃部門
読売ジャイアンツの打線は12球団1と言われる驚異の重量打線だ。
空中戦にはめっぽう強いが、名古屋ドームなどの広い球場では、
強みを発揮できず、逆に弱点が目立ってしまう難点を持っている。

残念ながら、一番打者坂本の出塁率、二番打者 松本の巧打と
俊足が活かしきれていない。クリンナップがあまりにも強力すぎて、
機動力を発揮できずにいる。
犠打も成功率が少なく、繋ぐ意識がやや希薄。チーム盗塁数はリーグ2位と多く、
目だって足が遅いわけでもない。チームの戦略か意識の問題かは定かではないが、
修正していきたい事項である。一方で、小笠原、ラミレス、阿部のクリンナップは最強で、
攻めどころ誤ると3連発を喰らう可能性もある恐ろしい打線だ。続く、下位打線には、
亀井、長野、脇谷と他球団ではクリンナップを打てるほどの長打力のあるバランスヒッターが
構えている。その上、高橋由伸、谷、古城など脇をがっちり固めている。
新加入のライアルは、3塁手として期待され、亀井が控えにまわる可能性もあり選手層は、
抜群に厚い。誰かが怪我で離脱しても、なんら大勢に影響の無い野手陣が揃っているのは、
読売ジャイアンツの最大の強みと言えよう。


◆読売ジャイアンツ 投手部門
昨年は、まさかの投手陣の崩壊で優勝を逃してしまった。
ローテーション投手として、期待された投手がことごとく離脱し、
中継ぎ、抑えにも悪影響を及ぼした。しかし、予定通り仕事を
してくれれば、投手力だけで優勝をもぎ取るだけの実力はある。

右の東野、朝井、左の内海、藤井が軸となり、ゴンザレス、
グライシンガーの両外国人投手を含めると完璧なローテーションを
組める。また、大型新人 澤村が一枚加わり、ジャイアンツの
先発投手陣には“ローテ−ションの谷間”などと言う言葉存在しない。
読売ジャイアンツは中継ぎ陣も磐石で、左の山口、右の越智・久保が堂々と構え、
ポイントでMICHEL、高木などの投手も起用できる。問題は、抑えとして加入したアルバラデボ
の実力だ。期待通りの活躍をしてくれれば、読売ジャイアンツの優勝はゆるぎないものと
なるが、不安定であれば、山口・越智を切り崩さねばならなくなる。数年来の課題
ではあるが、読売ジャイアンツの優勝のキーポイントは抑え投手にあると言えよう。


◆読売ジャイアンツ 総合評価 83 A
先発      ★★★★★★★★★☆  9
中継ぎ    ★★★★★★★★★☆  9
抑え      ★★★★★★★☆☆☆  7
内野守備力 ★★★★★★★☆☆☆  7
外野守備力 ★★★★★★★☆☆☆  7
捕手      ★★★★★★★★☆☆  8 
打撃力    ★★★★★★★★★★  10
機動力    ★★★★★★★☆☆☆  7
ベンチワーク   ★★★★★★★★★☆  9
選手層    ★★★★★★★★★★  10
抜群の選手層を活かした総合力に期待がかかる。スター選手が揃っているが、個々人の
実力をチームとして充分に発揮仕切れていない。近年、生え抜きの選手がどんどん台頭
してきており、ベテラン、レギュラー選手もうかうかしておれない状況になってきている。
野手の層は、申し分ないが、投手層がもっとほしいところ。投手は、何名いても足りないと
言われるほど、各シーズンによって好・不調の波があったり、離脱したりする事が多い。
そういった意味でも期待の大型新人 澤村の活躍が、読売ジャイアンツの優勝のポイントと
なることは間違いない。また、抑え候補の新外国人 アルバラデボがどこまでやれるかも
注目すべきところだ。この2人が活躍すれば、読売ジャイアンツはブッチギリの優勝と
なることは間違いない。ジャイアンツファンだけでなく、プロ野球ファン全てが、この2人の
活躍を期待してもらいたい。


◆読売ジャイアンツの主力選手
  グライシンガー(セス グライシンガー) ★★★★★
    
07年、08年、2年連続最多勝のタイトルを獲得した、セリーグを代表
する右腕。140km/h台後半の直球(ツーシーム)と、チェンジアップの
コンビネーションで打者を翻弄する。特に決め球として、通称「バルカン
チェンジ」を多用している。見せ球としてカーブ、スライダーも投じる。
内外角、高低共に投げ分ける制球力を誇る。制球がよいため与四死球
も少ない。制球力を非常に重視しており、ボールコントロールがしっくり
     こない調子の悪い日は、ストライクを取れる球種を中心にピッチング組み立てる。
     牽制回数が非常に多く、1回の投球までに2〜3回牽制することも珍しくない。


  内海哲也(うつみ てつや) ★★★★

スリークォターに近い位置からリリースされる切れ味鋭い球筋を持つ
リーグ屈指の左腕。150km近い回転の速い速球を中心に、
スライダー、シンカー、カーブと変化球の切れもすばらしい。基本は
ストレートとスライダーのコンビネーションで組み立てているが、
シンカーやチェンジアップを織り交ぜての緩急を使ったピッチングも
できる投手。投手王国再建に欠かせない最強左腕投手。
    


  東野俊(とうの しゅん) ★★★★★

140km台中盤のストレートを武器に、パワー投法で相手をねじ伏せる。
コントロールはそれほど良くないが、適度に荒れながら的を絞らせない。
高目への浮き球が多く、ハイボールヒッターには打ち込まれている。
変化球は、ミサイルスライダーと言われる、浮き上がりながら真横に鋭く
曲がる伝家の宝刀を持っている。カーブ、フォーク、シュートも織り交ぜ、
多彩な組み立てをする。右の本格派エースとして今年も期待されている。


  澤村拓一(さわむら ひろかず) ★★★★

最速157kmのストレートと、キレのあるスライダーとフォークボールで
三振を奪いにいく、本格派投手。スタミナも充分にあり、9回でも
145kmを維持できる。重いストレートは魅力充分で、コントロールも
そこそこ良い。ローテーションの柱として期待大。

  阿部慎之助(あべ しんのすけ) ★★★★

ジャイアンツの誇る強打の正捕手。ホームランもさることながら、
確実性の高い打撃は魅力。球種に対して順応性があり、
すべての球に対応できる。盗塁阻止率は非常に高く、強肩捕手と
して安心感はある。故障と背中合わせなのが気になるところ。
リード面では、アウトコ−ナー中心の無難なリードが目立つ。
相手打者に読まれる配球が多く、狙い打ちタイプの打者には
      やられるケースが見られる。直球主体のリード力を磨き、投手の良さを引き出したい
      ものだ。もうワンランク上の捕手を目指したいところ。


  小笠原道大(おがさわら みちひろ) ★★★★★

    バットコントロール技術の高い、本塁打を打てる強打者。
    スイングスピードも球界トップレベル。 ヘルメットを振り落とす
    ほどのフルスイングが代名詞で、単に強振しているように
    見えるが、非常に高度な技術を持ち合わせており、長打も
    広角に打てる。高い打率と高い長打力を両立させる柔軟性
    がある。 球種で打つタイプではないのも特徴。守備や走塁でも
    全力プレーを心がける「ガッツ」という愛称通りの選手。
     2番を打っていた時期もあるがバントは行なわなかったのも有名。2007年まで
    公式戦で送りバントの記録が一度もなかった。2008年6月8日の西武戦で
    プロ入り初の送りバントを成功させた。


 坂本勇人(さかもと はやと) ★★★★
  
長打力のあるアベレージヒッター。調子のいいときは手のつけられない状態で、どこに投げても上手く捉える巧打者。守備も一流で、守備範囲は非常に広い。エラーも多いが守備範囲が広いゆえの産物。スローイングに少し難があるのがあるのがやや気にはなる程度。坂本以上の遊撃手はジャイアンツにはいない。運動量の多いショートというポジションのせいか、打率もシーズン後半になるにつれ下がっていく。序盤のペースを保つことができれば、3割3分、30本は期待できる選手なので、スタミナを充分につけてもらいたい。


   アレックス ラミレス(アレックス ラミレス) ★★★★★
   
3冠王をに一番近い右の大砲。インコースに滅法強いが、
その一方で外角低めに決まるスライダーには極端に弱く、
空振り三振や強引に引っ掛けた併殺が多い。しかし、パワーと
ヒットを生み出す能力は際立っており、各チームから恐れられる
存在だ。特に、ゲームを決める一打を放つことが多く、4番打者
としてもってこいのヒーロー的存在。外野守備については肩の
     強さ、捕球は水準以上だが、鈍足であるため守備範囲は狭く、また送球の正確
      さに難があるため、総合の守備能力は高くない。また、本塁打を打った際には
     ダッグアウト前でチームメイトとハイタッチを交わした後、ベンチ脇のテレビカメラ前
     でコミカルなアクションを披露するのも特徴。
    


スコアボード


おもしろデータ プロ野球投手編 おもしろデータ プロ野球打者編

WHIP   安定感ある投手

DIPS   投手本来の能力ランキング

■HldR    自己責任処理率

■K/BB   安定度の高い投手

    <バックナンバー>
       ・2010年度 投手編
       ・2009年度 投手編

      2008年度 TOP

■NOI   長打・攻撃力のある本物の打者

■IsoD   安打以外の出塁率

■XR27  チーム貢献度・総合打撃指数

■一気にテンションを下げられる併殺打率

    <バックナンバー>
       ・2010年度 打者編
       ・2009年度 打者編
       ・2008年度 TOP
球団別戦力分析◆セントラル・リーグ◆
中日ドラゴンズ 阪神タイガース 読売ジャイアンツ
東京ヤクルトスワローズ 広島東洋カープ 横浜ベイスターズ
球団別戦力分析◆パシフィック・リーグ◆
福岡ソフトバンクホークス 埼玉西武ライオンズ 千葉ロッテマリーンズ
北海道日本ハムファイターズ オリックス・バファローズ 東北楽天ゴールデンイーグルス
リンク集 プロフィール

番外編 趣味のページ
雑記帖 キャンプ&アウトドア 山のページ
各種スポーツ@(あ〜お) 各種スポーツA(か〜す) 各種スポーツB(す〜な)
各種スポーツC(は〜ほ) 各種スポーツD(ほ〜ら) ダイビング

ニュー スポーツ
チュックボール ブーメラン フライングディスク ペタンク


ボール&メット

相互リンク募集中です。
whistle200@yahoo.co.jpまでご連絡ください。お待ちしております。
Copyright(C)2005 Whistle プロ野球実践データ記録室  All Rights Reserved