東北楽天ゴールデンイーグルス☆2011年球団別戦力分析

東北楽天ゴールデンイーグルス

プロ野球〜プロ野球実践データ記録室

☆東北楽天ゴールデンイーグルス情報☆



東北楽天ゴールデンイーグルス
〜2011球団別戦力分析


スタジアム


◆東北楽天ゴールデンイーグルス 打撃部門
イーグルスの打撃陣の中核を担うのは、大ベテラン山武。
しかし、ベテラン山崎の活躍があるものの、ほかに長打力のある
選手があまりおらず、得点力不足は否めない。長打力のある
若手選手 横川史学を上手く起用し成長を促してほしい。
一方で、鉄平や聖澤など、リードオフマン的選手は多い。
足を使った機動力で得点を稼ぐ事にも力を入れたい。
また、松井稼頭央や岩村明憲の加入は大きく、ポイントゲッター
としての活躍を期待したい。今年は、震災の影響もあり、
ベテラン選手をはじめ中心選手が、シーズン後半にスタミナ切れを起こすのではないかと、
不安視されている。ただ、それよりも、打線として上手く機能するかがポイントであろう。
ベンチワークで得点をとりに行くチームでないだけに、個々人の能力を充分に発揮する
ことが、浮上の鍵になると思われる。


◆東北楽天ゴールデンイーグルス 投手部門
イーグルスの先発投手といえば、メジャー移籍を希望していたが、
残留となった岩隈久志、ますますスケールアップしてきた田中将大
の2本柱。今年もこの2人で勝ち星を量産させたい。この2人に、
永井怜が加わり、先発3本柱が確立。3本柱は他球団に勝るとも
劣らない実力と信頼があり、彼らの登板時には確実に勝ち星を
拾っていきたい。というのも、3本柱に続く投手があまりにも希薄。
被本塁打の多いラズナー、未知数の新人 塩見貴洋、など、名前が
上がる投手も少し弱め。左の長谷部や新外国人のヒメネスの
台頭も期待したい。中継ぎ陣も不安定ながら、片山、有銘、辛島、川井、佐竹と左投手が
豊富。状況次第で中継ぎ・抑えとどちらでも使える小山、川岸も控えている。投手起用を
上手く行えば乗り切れると思われる。抑えは、未知数ではあるが変則フォームのスパイアー。
外国人投手を上手く起用するのも星野流。スパイヤーが活躍してくれれば、何とか
組み立てができそうだ。今年は、絶対に勝たねばいけない使命があるので、頑張って
もらいたい。


◆東北楽天ゴールデンイーグルス 総合評価  72
先発      ★★★★★★★☆☆☆  7
中継ぎ     ★★★★★★☆☆☆☆  6
抑え      ★★★★★★★☆☆☆  8
内野守備力  ★★★★★★★★☆☆  8
外野守備力  ★★★★★★★★☆☆  8
捕手      ★★★★★★★★☆☆  8
打撃力     ★★★★★★☆☆☆☆  6
機動力     ★★★★★★★★☆☆  8
ベンチワーク    ★★★★★★★☆☆☆  7
選手層     ★★★★★★☆☆☆☆  6
2010年は最下位に甘んじた東北楽天ゴールデンイーグルス。今年は浮上を狙って、
星野監督を起用。星野監督お得意の大型補強を今オフにも行った。メジャーより、
松井稼頭央、岩村明憲の両名を獲得。育成することよりも、目先の勝利に目を向けた
補強を行う力技で獲得した選手だけに、2人の活躍は絶対使命。本来星野監督は、采配や
起用法に長けた監督ではなく、気持ちで他球団から選手を引っ張ってくるこに長けた
監督である。シーズンに入ってからの采配にはあまり期待出来ないので、個々人の力量が
試される。気合の怒号指揮がどこまで、選手を動かすことができるかが、今シーズンの
キーポイントとなるだろう。


◆東北楽天ゴールデンイーグルスの主力選手
  岩隈久志(いわくま ひさし) ★★★★★
  
04年・08年最多勝利、08年最優秀防御率、08年沢村賞、
09年最優秀勝率など数々のタイトルを手にしている絶対的
エース。 メジャー移籍を希望したが、まさかの残留。日本球界に
とってはうれしい誤算となった。ストレートに絶対的な速さを
持っているわけではないが、長いリーチを柔らかく使う腕の振り
から投げ込まれるボールは、手元にきてグンと伸びる。コーナーを
       目一杯使うことのできる抜群のコントロールも持ち味。肩の故障で、
      数年不本意な成績であったが、肩に負担のかからないピッチングスタイルに
      変更し、復活。故障前はMAX153km/hのキレのある直球と大きく曲がる縦の
      スライダーを武器にした、典型的な本格派の完投型スライダー投手と言える
      スタイルだったが、故障後は縦スライダーは少なく、左右自在に落とす
      140km/h台の高速フォークを中心に、変化の小さい横のスライダーやシュート、
      カーブなどを使って、打たせて取る投球を更に進化させた。


  田中将大(たなか まさひろ) ★★★★

岩隈とともに楽天を支える看板投手。タメの効いた角度のある
オーバースローから投げ込まれる直球は、最速153km/h。変化球は、
高速縦スライダーを軸に、高速フォーク、カーブ、横変化のスライダー、
シュートと投げ分ける。決め球でもある高速縦スライダーは
最速141km/hで変化する。従来は、変化の大きい縦スライダーを
軸にした奪三振率の高い投球だったが、曲がりの少ない変化球を
使った打たせて取る投球も多用するようになった。得意の
     高速スライダーや高速フォークなどの変化球は被打率が低いのに対し、
     150km/hある直球は球速ほどの効果をあげておらず、球質の向上を課題として
     挙げている。制球は若干アバウトなものの、得点圏に走者を背負った際の
     外角のコントロールは抜群で、ピンチに強い投手と称される。


  永井 怜(ながい さとし) ★★★

先発定着を果たしたローテーションの一角。ストレートはMAX146km/h。
コントロールを重視して投げているため、普段は140km/h前後の
スピードに留まっているが、リリーフ登板時など、局面にある時や、
短いイニングを負かされたときには140km/h半ばをコンスタントに
マークする。主な変化球はスライダー、カーブ、フォーク、ツーシーム。
ストレートとカーブで緩急を付け、決め球にはスプリットを使用すると
      いうのが投球の基本になっている。ボールのキレとコントロールで勝負する技巧派
      投手。課題はコントロールの確実性。制球力のある投手だが、ややコントロール
      ミスが目立ち、四死球もかなり多い。また100球を前に疲れを見せる時もあり、
      先発投手としてはスタミナ面で若干心もとない所がある。


  高須洋介(たかす ようすけ) ★★★

堅実な守備力と巧みな打撃が自慢の名手。特別に守備力が高い
訳でも、足が速いわけでもなく、文字通り堅実さが売りのベテラン
選手。楽天ゴールデンイーグルスは、大味な選手が多いため、
確実性のあるプレースタイルは大きな魅力。打撃に関しても
勝負強く、相手投手を嫌がらせる粘りを発揮する。チャンスに強い
バッティングが、強みとして持っている。このチャンスの強さから、
       野村元監督から「必殺仕事人」の愛称でよばれ、ファンの間では、今もなお
       そう呼ばれている。年齢的にそろそろ厳しくなってきているという声もあるが、
       抜群の勝負強さ、と堅実な守備、最多犠打を記録した事もあるチーム貢献度
       の高さで、リーダーとしてまだまだ頑張ってほしい。。


  鉄平(つちや てっぺい) ★★★

09年首位打者に輝いたアベレージヒッター。身体能力と高い
野球センスの持ち主。以前は、足を活かそうとして走りうちのような
当て逃げバッティングが多かったが、しっかり振り切るスタイルへと
変化。バッティングレベルが上がったことにより、中核選手となった。
守備は一級品で、守備範囲が広く肩も強い。外野手としての
守備力は折り紙つき。脚力レベルも高く、ベースランニングの
上手さもあり3塁打が非常に多い。リードオフマンとして活躍を
      見せているが、パンチ力もあり長打も打てる。チームの中心選手として、
      3番打者での活躍も期待したい


  山崎武司(やまさき たけし) ★★★★

左手一本のフォロースルーでレフトスタンドに打球を放り込む
右の大砲。96年、07年本塁打王(セ・パ両リーグでの獲得は
史上3人目)。07年打点王。実績のあるパワーヒッターで、
まだまだ力は衰えていない。07年の本塁打王は11年越しの獲得。
打ち損じが多いのが目に付くが、狙って本塁打を打てる勝負強い
打者。楽天ゴールデンイーグルスにとっては、頼りになる打者で
       あることは間違いない。時折ファーストを守るときもあるが、基本DHなどで、
       より一層存在感を示して欲しい。


  聖澤 諒(ひじりさわ りょう) ★★★

野球センスの高さは抜群。特に足の速さは魅力で、盗塁に対しての
意欲も高く、思い切りの良いスタートとトップスピードに入るまでの
加速が非常に早い。成功率も非常に高く、リードオフマンの地位を
確立させた。バッティングでは、変化球に上手く対応でき、三振が
少ない。しぶといバッティングが売りで、1・2番打者むきである。
        ただ、左打者ではあるが右投手に対してあまり良い結果を残せていない。
        左投手には滅法強いだけに残念。まだまだ若い選手であるため、経験を
        積み、首位打者を目指して研鑽してもらいたい。


  嶋 基宏(しま もとひろ) ★★★

10年ゴールデングラブ賞受賞。打撃力もアップし、攻守ともに成長した。
捕手は非常に高いレベルを求められるため、ゴールデングラブ賞を
受賞しても、厳しい評価を受ける事も多い。「内外角を上手く攻め、
横の変化で打者を討ち取る配給は上手いが、緩急をつけての
縦配給は今ひとつ」といわれたりしている。ただ、投手のコンディションに
あわせてのリードは抜群で、高いレベルの野球ができる。若手投手の
        信頼もあつく、もっともっと投手の良さを引き出してほしい。打撃は、
        追っ付けての右打ちが多く、低反発球になったときの反動に不安は大きい。
        まだまだ若く経験も浅いが、捕手としての能力は目に見えて上がってきており、
        更なるレベルアップを期待したい。


スコアボード


おもしろデータ プロ野球投手編 おもしろデータ プロ野球打者編

WHIP   安定感ある投手

DIPS   投手本来の能力ランキング

■HldR    自己責任処理率

■K/BB   安定度の高い投手

    <バックナンバー>
       ・2010年度 投手編
       ・2009年度 投手編

      2008年度 TOP

■NOI   長打・攻撃力のある本物の打者

■IsoD   安打以外の出塁率

■XR27  チーム貢献度・総合打撃指数

■一気にテンションを下げられる併殺打率

    <バックナンバー>
       ・2010年度 打者編
       ・2009年度 打者編
       ・2008年度 TOP
球団別戦力分析◆セントラル・リーグ◆
中日ドラゴンズ 阪神タイガース 読売ジャイアンツ
東京ヤクルトスワローズ 広島東洋カープ 横浜ベイスターズ
球団別戦力分析◆パシフィック・リーグ◆
福岡ソフトバンクホークス 埼玉西武ライオンズ 千葉ロッテマリーンズ
北海道日本ハムファイターズ オリックス・バファローズ 東北楽天ゴールデンイーグルス
リンク集 プロフィール

番外編 趣味のページ
雑記帖 キャンプ&アウトドア 山のページ
各種スポーツ@(あ〜お) 各種スポーツA(か〜す) 各種スポーツB(す〜な)
各種スポーツC(は〜ほ) 各種スポーツD(ほ〜ら) ダイビング

ニュー スポーツ
チュックボール ブーメラン フライングディスク ペタンク


ボール&メット
相互リンク募集中です。
whistle200@yahoo.co.jpまでご連絡ください。お待ちしております。
Copyright(C)2005 Whistle プロ野球実践データ記録室  All Rights Reserved