北海道日本ハムファイターズ☆2011年球団別戦力分析

北海道日本ハムファイターズ

プロ野球〜プロ野球実践データ記録室

☆北海道日本ハムファイターズ情報☆



北海道日本ハムファイターズ〜2011球団別戦力分析

スタジアム

北海道日本ハムファイターズ 打撃部門
今年のファイターズ打撃陣は、非常に安定した底力ある打線として、
期待が大きい。ポイントはいくつかあるが、まずは新外国人選手の
ホフパワーが日本のプロ野球に合うかどうかだ。パリーグは良い
投手が多いので、揺さぶりにどこまで着いてこれるかが鍵。ただ、
セリーグと違って、真っ向勝負で挑んでくる投手が多く、一発長打を
放てる機会は多いはず。クリンナップに据える可能性は高いが、
6番に置き、厳しいマークを逃れ、自分のバッティングができる、
打順がのほうが、力を発揮できるように思われる。二つ目のポイントは、成長著しい、
中田翔や陽 岱鋼がレギュラーとして、安定した仕事ができるかだ。潜在能力の高い選手
として、数年言われてきた2人が、ついにブレイク。長所を活かして自分のポジションを確立
することが、チームの上昇につながる。3つ目のポイントは、打線として上手く機能するか
どうかだ。チーム打率は高いが、得点力が低いことが最大の課題。田中賢介や糸井嘉男など
足のある選手を活かし、得点に結び付けてほしい。しかし、得点力不足の一番の要因は、
やはり本塁打不足。となると、最初にあげた2つのポイント、ホフパワー、中田翔の活躍が
絶対不可欠ということになる。投手力は高いだけに、打撃の課題さえ克服すれば、王座奪還
は確実に見えてくる。


◆北海道日本ハムファイターズ 投手部門
ファイターズの投手陣は、総合力12球団1と言われている。先発は、
大エース ダルビッシュを中心に、武田勝、ケッペルと続き3投手が、
大黒柱として安定。次に、昨年中継ぎとして活躍したウルフが、
先発ローテーションに加わってくる。昨年の活躍からすれば、4本柱に
なる可能性が高い。新加入の斉藤祐樹の存在もおもしろい。
中継ぎは、昨年新人王に輝いた榊原が、MLB移籍した建山の穴を
キッチリ埋められるかがポイント。増井を先発に起用するか、
セットアッパーで起用するのかも見所のひとつ。抑えの武田久は、
力は充分にあるが、勤続疲労による調子の波が心配。
そういった意味でも、セットアッパーに榊原、増渕の2枚はおいとおきたいところ。
主力投手は安定した働きが期待できるが、脇を固める投手陣にやや不安がのこる。チームの
方針で、若手投手をどんどん起用しているので、その期待に応えてもらいたい。中村勝、
宮西尚生、谷元圭介には特に注目。彼らの活躍が、チームを上位に押し上げるだろう。


北海道日本ハムファイターズ 総合評価 83
先発      ★★★★★★★★★★  10
中継ぎ     ★★★★★★★★☆☆  8
抑え      ★★★★★★★★★☆  9
内野守備力  ★★★★★★★★★☆  9
外野守備力  ★★★★★★★★★★  10
捕手      ★★★★★★★☆☆☆  7
打撃力     ★★★★★★★★★☆  9
機動力     ★★★★★★★☆☆☆  7
ベンチワーク    ★★★★★★★☆☆☆  7
選手層     ★★★★★★★☆☆☆  7
昨年は惜しくもBクラスであったが、チーム力は上位チームと遜色はない。特に守備力が
高く、投手力とともにチームの“売り”である。2011年は田中、小谷野、糸井の3人が
ゴールデングラブ賞を受賞しており、その他レギュラー陣にも穴はない。しいて言えば、
年齢的な衰えも見え隠れする金子誠。故障さえなければ安泰なのだが、そのあたりだけが
不安。打撃陣も高いレベルの選手が多く、チーム打率も高い。大砲不足といわれたが、
ホフパワーの加入や中田翔の台頭で、そのあたりも解消されそうだ。自慢の投手陣は、
今年も問題なく、3本柱+ウルフが中核をなし、抑えの武田久まで隙はない。捕手大野の
インサイドワークに不安が残るものの、12球団1の投手陣がカバーするだろう。強肩の
持ち主なので、守備力から信頼関係が崩れることはないので、そこは安心してみてられる。
チームとして気になるのは、機動力。盗塁だけでなく、足を絡めた攻撃や進塁打、ひとつでも
前へ進もうという意欲にやや物足りなさを感じる。今シーズンは、梨田監督の名采配で、
長所と短所を上手く活かし補い、優勝を奪い取ってほしい。


◆北海道日本ハムファイターズの主力選手

  ダルビッシュ有(ダルビッシュ ゆう)★★★★★
     
日本を代表するスーパーエース。MAX154km/hのストレートと
鋭いスライダーを中心に、ツーシーム、カーブ、フォーク、
カットボール、チェンジアップなどの多彩な変化球でピッチングを
組み立てる。肩に負担のかかるシンカーを中心のピッチングから
カットボールを増やしたピッチングに変えたのが効果的に作用
した。肩のケアにも気を使うようになり、肩のトレーニングを
     増やしたのも投球に良い影響を与えた。ストレートの球速が大きく伸び、ストレート
     で押すピッチングが出来るようになった。成績も上昇し、日本球界を代表する投手に
     成長した。弱点として野外の球場にはめっぽう弱い。武器である多彩な変化球が、
     風に影響されて定まらないからだと言われている。特に、千葉マリンスタジアムでは、
     球場特有の海風の影響で変化球が定まらず「鬼門」とされている。


  武田勝(たけだ まさる) ★★★★
   
北海道日本ハムファイターズ 先発ローテーションの柱の一人。
先発、中継ぎ、色々な起用されてきたが、近年は先発として起用。
独特な投球フォームから持ち味のスライダー、チェンジアップを抜群の
制球力と投球術で操る技巧派左腕。 力は感じられないが、制球力が
よく、いつの間にか押さえ込んでいる。三振奪っても四球出しても、
ホームランを打たれても、ポーカーフェイスを貫いているのも特徴。


  ケッペル(ぼびー けっぺる) ★★★★

140km/h台 中盤の速球を中心に、変化球を上手く交えて討ち取って
行くコンビネーションピッチングが特徴。ストレートも打者の手元で
微妙に動く、いわゆるムービングファストボール。バットの芯をはずして
内野ゴロにしとめる。変化球は、スライダー、カットボールが主体で
チェンジアップやシンカーで、縦の揺さぶりや緩急の差を活かした
ピッチングをする。テイクバックが非常にコンパクトで、リリースポイントも
         遅いため、打者にとっては非常に打ちづらいフォームである。コントロールは
         アバウトながら、丁寧に低めに集めコンスタントに勝ち星を重ねる日本人うけ
         する頼りになるローテーション投手だ。


  ウルフ(ぶらいあん うるふ) ★★★★

190cm、100kgの巨体から投げ込まれる150km/h超えのストレートは
威力充分。ストレートは、打者の手元で微妙に動くムービングファスト
ボールで、芯をはずしてゴロアウトを量産する。変化球は、カットボール、
シュートを中心に横の揺さぶりを軸に、カーブ、チェンジアップで緩急の
差を活かしたピッチングも行う。制球力はあまりよくはないが、力まず
落ち着いたピッチングを行っているときは、四球はほとんど出さない。
          長いイニングをじっくり投げていくと良さが発揮できる、先発型投手。


  武田久(たけだ ひさし)★★★★ 

野球選手としては170cmと小柄で、なおかつ沈み込むよな低い
姿勢から投げ込むため、ストレートは伸び上がってくるように感じる。
伸びのある140km/h中盤から後半のストレートは、低めに丁寧に
投げ込む。コーナーワークも抜群で、ぎりぎりのところを突いてくる。
制球力が高いため、非本塁打が少なく、抑えとして非常に頼りになる。
ただし、小柄な体を駆使して投球するためか、長年の登板過多の
          ためか、ボールにキレのない日も散見される。金属疲労が少し出てきている
          のかも知れない。開幕前の鍛錬がシーズンを左右すると思われる。


  小谷野栄一(こやの えいいち) ★★★★
北海道日本ハムの主軸打者。チャンスに強く、2010年 打点王を獲得。
豪快なフルスウィングが売りではあるが、右方向追っつけるバッティング
もでき、しぶとい打撃をみせる。特に、苦手とするコースもなく、
コンスタントにヒットを放つことができる。本塁打数は、物足りないが、
本塁打が少ないのにもかかわらず、打点多いのは大変魅力的だ。
また、守備力も高く、見かけによらず俊敏で09年、10年とサードで
          ゴールデングラブ賞を受賞している。


  田中賢介(たなか けんすけ) ★★★★★

ゴールデングラブ賞を06年〜10年の5度獲得した攻守・俊足の
ユーティリティープレーヤー。打撃フォームは、拳を肩より下でかまえる
独自の打撃フォームを、肩より少し上で構えるようにし開眼。トップの
位置が安定しているため無駄な動きが少なく、どのコースにもスムーズ
に対応できる。内外角ともに上手くさばき、弱点は特にない。打撃も
守備力も高い、プロ野球選手としては理想的なプレーヤーだ。


  糸井嘉男(いとい よしお) ★★★★

投手として入団したが、野手に転向し開花した選手。身体能力が
抜群に高く、体のばねを活かした素晴らしいプレーをする。打撃は、
高いセンスで広角に打て、打球の速さも目を見張る。外野の間を
抜ける長打や、ライナー性の本塁打をしばしば放つ。逆方向への
本塁打も打つ事ができるパワーと技術を兼ね備えた中長距離ヒッター。
守備力も高く、俊足を活かした守備範囲の広さと、投手出身選手で
           あるため、かなりの強肩の持ち主。すべてにおいて高いレベルの
           プレーヤーだ。


  稲葉篤紀(いなば あつのり) ★★★★★
07年首位打者のタイトルを獲得。長打力もあるアベレージヒッター。
膝元の変化球をスタンドに運ぶ技術は見事。内角高めのボールも
上手くさばく。しかし、外角へ逃げるボールにはやや弱い。レフトへの
流し打ちを身につければ、より高いレベルの強打の巧打者となれる。
得点圏にランナーを置いた状態で稲葉の打席を迎えると、一斉に
ファンが飛び跳ねる「稲葉ジャンプ」と呼ばれる応援が定着し、
     札幌ドームの試合ではその震動でカメラの映像が大きく揺れる。


  中田 翔 (なかた しょう)★★★ 

歴代2位 高校通算87本の本塁打記録を持つ長距離ヒッター。体重を
しぼり、少しシャープになったためか内角を上手くさばけるようになった。
スウィングスピードも上がり、手元までひきつけられるようになった事も
ブレイクの要因。アウトステップする悪い癖があり、アウトローへの
変化球で打ち取られるシーンも多い。苦手コースさえなくなれば、
クリンナップも任せられる能力の高い選手だ。




スコアボード


おもしろデータ プロ野球投手編 おもしろデータ プロ野球打者編

WHIP   安定感ある投手

DIPS   投手本来の能力ランキング

■HldR    自己責任処理率

■K/BB   安定度の高い投手

    <バックナンバー>
       ・2010年度 投手編
       ・2009年度 投手編

      2008年度 TOP

■NOI   長打・攻撃力のある本物の打者

■IsoD   安打以外の出塁率

■XR27  チーム貢献度・総合打撃指数

■一気にテンションを下げられる併殺打率

    <バックナンバー>
       ・2010年度 打者編
       ・2009年度 打者編
       ・2008年度 TOP
球団別戦力分析◆セントラル・リーグ◆
中日ドラゴンズ 阪神タイガース 読売ジャイアンツ
東京ヤクルトスワローズ 広島東洋カープ 横浜ベイスターズ
球団別戦力分析◆パシフィック・リーグ◆
福岡ソフトバンクホークス 埼玉西武ライオンズ 千葉ロッテマリーンズ
北海道日本ハムファイターズ オリックス・バファローズ 東北楽天ゴールデンイーグルス
リンク集 プロフィール

番外編 趣味のページ
雑記帖 キャンプ&アウトドア 山のページ
各種スポーツ@(あ〜お) 各種スポーツA(か〜す) 各種スポーツB(す〜な)
各種スポーツC(は〜ほ) 各種スポーツD(ほ〜ら) ダイビング

ニュー スポーツ
チュックボール ブーメラン フライングディスク ペタンク


ボール&メット
相互リンク募集中です。
whistle200@yahoo.co.jpまでご連絡ください。お待ちしております。
Copyright(C)2005 Whistle プロ野球実践データ記録室  All Rights Reserved