オリックスバファローズ☆2011年球団別戦力分析

オリックスバファローズ

プロ野球〜プロ野球実践データ記録室

☆オリックスバファローズ情報☆



オリックスバファローズ〜2011球団別戦力分析

スタジアム

オリックスバファローズ 打撃部門
オリックスバファローズといえばやはり、打撃のイメージが強い。
昨年本塁打王に輝いたT−岡田を中核に打線を組んで行く。
先頭打者の坂口や3番を任かされることになるだろう後藤は、
3割を狙える安定感ある打者であるが、そのほかの打者が少し弱い。
二番には、頭角をあらわしてきた森山、あるいはベテラン田口が
入る。5番には、新外国人バルディリスかヘスマンが座ると思われる。
下位打線には、李承Yや大引が控えている。こちらは、投手陣とは
逆に、左打者が多く、右打者が少し希薄。もう少し厚みがほしい。ベテラン北川がまだまだ
チームを牽引しており、クリンナップを打つこともできる。中距離ヒッターで、チャンスに強い
バッティングがうりなので、どんどん起用してほしい。選手は多いが、安定的なレギュラー
メンバーが少ないところが、オリックスの泣き所。岡田監督の采配に期待したい。


◆オリックスバファローズ 投手部門
先発陣は、なかなか核となる投手が手薄なのは実情。ただし、
有望株の若手投手や外交人新戦力で、厚みは増している。
先発投手陣の筆頭は、最多勝の金子千尋。続いて木佐貫、近藤と
名前があがるが、この3人では少し弱め。先発3人に加え、頭角を
あらわしてきた西勇輝、元メジャーリーガー朴、そして移籍組みの
寺原が控える。また、入団まえの評判はあまり芳しくないが、
フィガロも覚醒すれば先発の柱になりうる投手もいる。近藤も
加えれば、先発のバリエーションは豊富。中継ぎ人は、平野を筆頭に、香月、吉野と安定感
充分。抑えには、岸田がドンとかまえ申し分ない。一番の課題は、左投手不足。先発、
中継ぎ、抑えと、柱になる投手はすべて右腕。せめてワンポイントリリーフとしての左腕が
いれば、状況は一遍する。リリーフとして古川、阿南の活躍に期待。先発としては、若手の
伊原に期待したい。左投手さえ確立すれば、飛躍的に強くなると思われる。


オリックスバファローズ 総合評価  71
先発      ★★★★★★★☆☆☆  7
中継ぎ     ★★★★★★☆☆☆☆  6
抑え      ★★★★★★★★☆☆  8
内野守備力  ★★★★★★★★☆☆  8
外野守備力  ★★★★★★★☆☆☆  7
捕手      ★★★★★★★☆☆☆  7
打撃力     ★★★★★★★☆☆☆  7
機動力     ★★★★★★☆☆☆☆  6
ベンチワーク    ★★★★★★★☆☆☆  7
選手層     ★★★★★★★★☆☆  8
オリックスバワローズの最大のウィークポイントは、レギュラーメンバーが安定しないことに
ある。昨年活躍した選手が本年は調子が上がらなかったり、ケガによる戦線離脱が
多すぎる。故障による退団や年棒の折り合いの問題など、外国人選手を中心にチーム構成
してきた事が裏目に出てきている。若手選手への期待や、新加入選手を計算にいれながら、
構成を組むのもなかなか難しい。選手の起用や、采配が上手いわけでもない岡田監督の
手腕が試される。選手層は厚いだけに、ベンチワーク如何で、浮沈が左右されると思われる。


◆オリックスバファローズの主力選手

   金子 千尋 (かねこ ちひろ) ★★★★★ 
最速151km/hをマークする速球派投手。試合後半まで150km/h前後の
スピードを示すスタミナも有している。変化球は、カーブ、カットボール、
スライダー、シュート、チェンジアップ、フォークボールと数多い。特に、
縦に大きく曲がるカーブは絶賛。飛躍のきっかけになったとも言われる
カットボールも有効。以前はカーブの曲がりもマチマチで制球も
イマイチ良くないという欠点があったが、先発転向後は安定。
       球威のある投手だが、強引に三振を取りに行くピッチングではなく、上手く打者を
       打ち取ってやろう、というピッチングスタイル。


  平野佳寿 (ひらの よしひさ) ★★★★
MAX156kmのスピードボールで勝負する本格派投手。リリーフに
転向してからはストレートのスピードがアップし、常時150km以上の
ボールを投げ込んでいる。変化球は、スライダー、カーブ、シュート、
フォークと数多く持ち、中でもスライダーのキレが良い。スライダーは、
ストレートと同じ軌道で打者の手元で鋭く切れ、狙って三振が取れる。
制球力も高く、安定性がある。スタミナに難点があり、先発では、突如
        崩れるシーンもよくあったが、リリーフでは問題とはならない。セットアッパー
        として今年も期待が高い。


  寺原 隼人(てらはら はやと) ★★★★
150kmを超える速球を投げ込む本格派右腕。素材は一級品であるが、
制球難がたたり、ピッチングの幅が広がらない。特に、インコーナーへ
の思い切った攻めができず、大きく曲がるスライダーも活かしきれて
いない。フォークボールも曲がりが早く、見切られてしまう感じがある。
ストレートの速さ、縦横の変化で打者を打ち取るピッチングだが、緩急
を交えて、打たせてとる変化球主体のピッチングに切り替えれば、
        もっと勝ち星を挙げられるポテンシャルの高い投手である。


   岸田 護 (きしだ まもる) ★★★★
140km台後半の伸びのあるスピードボールを武器に、三振を狙いに
行くクロザー。ゆったりとした起動から、伸び上がるように胸をそらせて
投げ込む独特なフォームが特徴的だが、クイックも速い。変化球は、
スライダー、チェンジアップを中心に、カーブやシュートも使いこなす。
特に、スライダーは縦に鋭く曲がり、ストレートと同じ腕の振りから
投げ込まれるので、低めに決まると三振の山を築く。フォークボールは
       投げないが、チェンジアップをフォークの変わりに使い、タイミングを狂わせ、
       ながら討ち取るピッチングもできる。緩急の差を上手く活かすことにより、
       セーブ王を目指していきたい。


   フィガロ (ふぃがろ) ★★★
荒削りだが、高い位置から大きく投げ下ろされる150km/hのストレート
は威力がある。指にかかった速球が低めに決まれば、なかなか
はじき返せない。スライダーも鋭く曲がるため、非常に魅力的な
投手だ。制球力さえあれば、勝ち星はどんどん増える投手である。
粘りのピッチングが持ち味で、外国人投手にはめずらしく我慢強い
ピッチングができる。まだ若い投手であるため、オリックスバファローズ
       の柱の投手に充分なりうる人材であることは間違いない。


   西 勇輝 (にし ゆうき) ★★★
Max148km/hのストレートを武器にスライダー、カーブ、フォークを
上手く織り交ぜながら、ピッチングを組み立てる。ストレートは、
打者の手元でグイッと伸び、差し込まれるケースが非常に多い。
マウンド度胸も充分で、内側の際どいコースにどんどん投げ込む
ボールは圧巻。いつも笑顔で野球を楽しみながらプレーをしている
姿は、ファンをひきつける。まだまだ、若手ながら、オリックス
        バファローズのエース候補として、名前が挙がるほどの逸材。どんどん経験を
        積み、早くのし上がってほしい。


   近藤一樹(こんどう かずき)★★★★
08年にブレイクした速球派右腕。ストレートは最速147km/h、
変化球はチェンジアップを決め球に、カーブ、スライダーなどを投げる。
速球派ではあるが、力任せではなくキレや緩急で勝負するピッチング
スタイル。入団当初からの課題である制球難も解消し、一気に
ブレイク。2軍での試合で、9回2死までパーフェクトに抑え、最後の
        打者も2ストライクと追い込みながら頭部死球を与えてしまい、危険球による
        退場処分を受けたことでも有名。


   小松 聖(こまつ さとし)★★★
 
2008年新人王を獲得した先発ローテーション右腕投手。ストレートは、
最速146km/hで、変化球は、キレのあるスライダー、緩急をつける
カーブ、鋭い落差を見せるフォークボールを持っている。制球力も良く、
コーナーを上手く使い分ける。オリックスバファローズのエースとして
期待される右腕。また、マウンドで頻繁に雄叫びを上げるのも特徴。
ヒーローインタビューではものまねタレント山本高広の「キターッ!」を
      モノマネをし、ファンを楽しませるパフォーマンスも楽しい。


   坂口智隆(さかぐち ともたか)★★★★

俊足、強肩、巧打と3拍子揃ったハイレベルな野手。シャープな
スウィングで打球もはやい。一番打者として、チームを牽引。
安定した打率を残せれば言う事は無いがまだまだ課題は多い。
早いカウントから積極的に打っていく打撃スタイル。一方で、追い
込まれるともろさが出てしまう。粘りと、見極めが少し物足りなく、
アベレージ打者としては四死球が少なく、出塁率が低い。また、
        三振数も多い。左投手にも弱く、課題点もはっきりしている。
        打撃センスは抜群で調子の波さえなければ、.330の成績は残せる選手。
        オリックスの誇るスター選手ではあるが、もう一段 上のステージでプレーして
        ほしい逸材。


  T−岡田 (ティー おかだ) ★★★★★

2010年本塁打王を獲得した、オリックスバファローズの誇るスラッガー。
ノーステップ打法を取り入れ、覚醒した。ノーステップ打法を取り入れる
ことにより、スウィングにブレがなくなり安定性が増した。広角に打つ
ことができ、コースによる苦手意識が少なくなったことが、安打、本塁打
量産につながっている。通常、ノーステップの打者は、長打力に期待
はできないが、T−岡田の場合は、強靭な上半身と安定した下半身、
        人並みはずれたパワーのおかげで、ステップせずともスタンドインできる。
        打撃フォーム固め、毎年本塁打王を狙える打者になってもらいたい。


  李承Y(イ スンヨプ) ★★★

一本足のフォームから強い打球を放つパワーヒッター。ライト方向、
レフト方向へと広角に長打を打てる。選球眼の悪さは来日以降、
未だ改善されていないとされ、四球が少なく三振がかなり多い。
チャンス時に、犠牲フライや内野ゴロで打点を稼ぐ器用さに欠ける。
結果として打点が低く、出塁率が悪い。中軸打者としては少しもの
足りない心。内角、特に高めのコースに弱く、不調の時には
     ストライク判定される球すら腰を引いて逃げてしまうことも多い。左投手の投げる
     クロスファイアも弱点。守備では、悪送球を追わないという悪癖や、ボールに
     触れないための後逸などの不満もあるものの、反面、守備範囲内に飛ぶ速い
     ライナー性の当たりへの反応はよく、巨体を飛ばしてのダイビングキャッチもする。
     ショートバウンドの捕球も上手い。


   北川博敏(きたがわ ひろとし) ★★★

パンチ力と柔らかい打撃が持ち味のベテラン打者。三振が少なく粘り
強い打撃が持ち味。勝負強い中距離打者だが、2004年をピークに
長打は減少傾向にある。クリンナップを打つのには少し物足りないと
言われいるが、頼りになる打者であることは現在も変わらず、
クリンナップを任せられることも多い。試合を決める一打を良く放ち、
成績以上の強烈なインパクトを残している。 笑顔が最大の特徴である
         大ベテランは今年も健在。チームが上位に食い込むために、今まで以上に、
         選手を牽引してもらいたい。


   後藤光尊(ごとう みつたか) ★★★★
内野ならどこでもこなせる適応力を持つ貴重な選手。打撃はやや
引っ張り過ぎる傾向があるものの、一定レベルの長打力を備え、
初球打ちを得意としている。反面、追い込まれると脆い面があり、
追い込まれないうちに積極的に打ちに行くようになってから
打撃成績が向上した。また、右投手は、得意としているが、左投手
には弱いという弱点もある。どの打順でもコンスタントに成績を残せる   
        柔軟性を持っており、全ての打順でスタメン起用された経験がある。
        守備は内野の全ポジションを守れるユーティリティプレイヤーで、二塁手と
        しての起用が比較的多いが遊撃手や三塁手もこなす。 


スコアボード


おもしろデータ プロ野球投手編 おもしろデータ プロ野球打者編

WHIP   安定感ある投手

DIPS   投手本来の能力ランキング

■HldR    自己責任処理率

■K/BB   安定度の高い投手

    <バックナンバー>
       ・2010年度 投手編
       ・2009年度 投手編

      2008年度 TOP

■NOI   長打・攻撃力のある本物の打者

■IsoD   安打以外の出塁率

■XR27  チーム貢献度・総合打撃指数

■一気にテンションを下げられる併殺打率

    <バックナンバー>
       ・2010年度 打者編
       ・2009年度 打者編
       ・2008年度 TOP
球団別戦力分析◆セントラル・リーグ◆
中日ドラゴンズ 阪神タイガース 読売ジャイアンツ
東京ヤクルトスワローズ 広島東洋カープ 横浜ベイスターズ
球団別戦力分析◆パシフィック・リーグ◆
福岡ソフトバンクホークス 埼玉西武ライオンズ 千葉ロッテマリーンズ
北海道日本ハムファイターズ オリックス・バファローズ 東北楽天ゴールデンイーグルス
リンク集 プロフィール

番外編 趣味のページ
雑記帖 キャンプ&アウトドア 山のページ
各種スポーツ@(あ〜お) 各種スポーツA(か〜す) 各種スポーツB(す〜な)
各種スポーツC(は〜ほ) 各種スポーツD(ほ〜ら) ダイビング

ニュー スポーツ
チュックボール ブーメラン フライングディスク ペタンク


ボール&メット
相互リンク募集中です。
whistle200@yahoo.co.jpまでご連絡ください。お待ちしております。
Copyright(C)2005 Whistle プロ野球実践データ記録室  All Rights Reserved
 カ