横浜ベイスターズ☆2011年球団別戦力分析

横浜ベイスターズ

プロ野球〜プロ野球実践データ記録室

☆横浜ベイスターズ情報☆



横浜ベイスターズ〜2011球団別戦力分析

スタジアム

横浜ベイスターズ 打撃部門
横浜ベースターズ打撃の要であった内川聖一がFA移籍で抜けた
穴は、あまりにも大きく、たやすく埋め合わせできるものではない。
安定した成績を残せるようになった石川雄洋、FA移籍してきた
森本希哲、規定打席に届かなかったが昨年打率3割をマークした
藤田など、足のある選手を活かして、機動力野球を展開して欲しい。

クリンナップは、ハーパー、村田、スレッジで確定だが、イースタンで
本塁打王、打点王を獲得した筒香、少しなりを潜めているが、
パワーのある吉村も加われば、重量打線が出来上がる。下園や金城も含めると打撃陣は、
豪華だ。ただ、外野手に偏っており、全員を使うことは難しい。打線になるように上手く打順を
組むことが、横浜ベースターズ浮上のカギになるだろう。


◆横浜ベイスターズ 投手部門
横浜ベースターズの投手陣は、昨年10勝をあげた清水直行を
柱に、大家友和、三浦大輔のベテラン投手を中心にローテーション
を組むことになる。続いて、オリックスから獲得した山本省吾、
昨年ローテを守った加賀繁、注目株の阿斗里、新人の
加賀美希昇にも期待をしたい。また、新加入の外国人投手、
C・ハミルトンやB・マンにも注目したい。中継ぎ陣は、真田、牛田、
江尻、弥太郎と右腕はずらりと揃うが、左腕が不足している。
ベテランの篠原、若手の田中健二郎、佐藤祥万の3左腕をフル回転させたい。抑えは、
急成長の山口俊。期待に答えた働きをみせている。コントロールの安定性が増せば、
信頼感が飛躍すると思われる。山口への信頼度がより以上にアップすれば、どんどん
勝ちを拾えるチームと変貌するだろう。


◆横浜ベーズターズ 総合評価 59 D
先発      ★★★★★☆☆☆☆☆  5
中継ぎ    ★★★★☆☆☆☆☆☆  4
抑え      ★★★★★★★☆☆☆  7
内野守備力 ★★★★★★★☆☆☆  7
外野守備力 ★★★★★★★☆☆☆  7
捕手      ★★★★★☆☆☆☆☆  5 
打撃力    ★★★★★★★☆☆☆  7
機動力    ★★★★★★☆☆☆☆  6
ベンチワーク    ★★★★★★★☆☆☆  7
選手層    ★★★★☆☆☆☆☆☆  4
現有戦力では、なかなか浮上は難しいという評価が一般的。今シーズンは移籍による
選手の出入りが多く、チームの雰囲気が大きく変わった。選手個々人に危機感があり、
なにより、チームリーダー村田の気持ちの入り方が違う。横浜ベイスターズに一
番足りなかった緊張感が、今年はみなぎっているので大いに期待したい。

どちらかというと、マイナス面の方が多い移籍騒動であったが、補強もかなりできており、
新戦力に期待したい。野手では、スレッジ、ハーパーの両外国人。投手では山本省吾。
現有戦力では、加賀繁、江尻慎太郎、山口俊の方程式に期待。尾花監督の采配にも注目だ。


◆横浜ベイスターズの主力選手

  清水直行(しみず なおゆき) ★★★★

全盛期には150km台の剛速球で勝負していたが、今は140km中盤の
ストレートとなっている。速球のスピードは落ちているものの、
ストレートのほかにカットボール、スライダー、カーブ、シュート、フォークと
多彩な変化球の組み立てで、一線級の投手として踏ん張っている。
ただ勝負球がなく、フィニッシュに苦労している。インコーナーを執拗に
攻め、打者を翻弄させて打ち取っている。内角球をつくことは良いこと
       ではあるが、浮き球を狙われ本塁打とされることも多い。被本塁打を減らす事が
       できれば、大きく勝ち星を伸ばすことができると思われる。



  三浦 大輔(みうら だいすけ) ★★★
    
     ハマの番長、本格派エース。横浜ベイスターズ投手陣の
     精神的支柱でもある。制球力がダントツによく、ストライク
     ゾーンの4隅を充分に使い、ボール1個の出し入れを
     行なう緻密なピッチングが持ち味。勝負どころでは、気合
     のピッチングで打者を圧倒する。打線の援護が少なく勝ち
     星が少ないが、最優秀防御率のタイトルを取った実績も
     あるだけに、自力で勝ち星をあげてほしい。



   山本省吾(やまもと しょうご)★★★
制球力の良さと巧みな投球術が光る先発左腕。スリー・クォーターの
投球フォームで、ストレートは130km/h中盤から後半。変化球は、
最大の武器であるスクリューボールを筆頭にスライダー、シュートで
左右に揺さ振る。縦の揺さぶりに使うフォークボールも効果的で、
決め球としてだけではなく、カウント球として投じたり、ゲームの要所
では多投することも多い。制球力も高く、多彩な球種を低めに集めて
      内野ゴロの山を築くという投球スタイルから山本自身は『ゴロマニア』と自称
      している。



  高崎健太郎(たかさき けんたろう) ★★★
 
150km台のストレートとスライダーを上手く組み立て、打者をねじ伏せる
本格派右腕。首脳陣からの評価は非常に高く、先発の柱としての活躍を
期待されている。右打者 低目への制球力はよく、変化球を上手く操り、
討ち取るピッチングスタイルはすばらしい。ただし、少し抜け気味の
浮き球がたまにあり、痛打される場合も少なくない。特に、左打者には、
追い込んでから、高めの甘いボールを軽く叩かれるケースが目立つ。
        経験値も高くなったため、そろそろ眠っている実力を一気に発揮してもらいたい。



  村田修一(むらた しゅういち) ★★★
   
横浜ベイスターズの中軸打者として台頭した右のスラッガー。死球数
も多い事から相手投手に警戒されていることもよくわかる。ヘッド
スピードが非常に速く、どの方向にも本塁打を放てる広角打法が
魅力。長年にわたって本塁打を量産できるスラッガーとして期待値は
高い。守備力・走力は期待できない分バットで実力を見せてほしい。



  スレッジ(たーめる すれっじ) ★★★

広いスタンスでノーステップに近い踏み込みで打ちに良くフォームの
スラッガー。バットが下からでるスウィングで安定感にかける。バットの
芯で捉えたボールはピンポン球のように飛んでいく。飛ばないボールを
採用されても飛距離には全く問題はないだろう。打球の方向は圧倒的に
右方向で引っ張り専門である。しかし、安打になった打球は散発で、
広角でに打ち分けているように思われる。パワーがあるため、詰まって
       ポテンヒットも多い。また、左投手には強く、左対左でも問題ない。しかし、反対に
       右投手での打率が低く、こちらの方が問題ありか。今年は、チャンスに強くなり
       打点を多くしてもらいたい。



  石川雄洋(いしかわ たけひろ)★★★

1番打者として、チャンスメイクする俊足巧打のプレーヤー。苦手だった
左投手も攻略し、打率もアップした。犠打や盗塁数もアップし、ベンチの
期待も大きい。盗塁に関しては成功率がやや低く、もう少し研究を
重ねてもらいたい。守備力も、もう一段上を狙ってもらい、投手を救って
あげてほしい。



  吉村裕基(よしむら ゆうき) ★★★★

驚異的なパワーが生み出す長打力を武器にクリーンアップを担う
ハマの若き和製大砲。今季から外野に再び本格転向。攻守で
躍動感あふれるプレーを見せる。強肩であるが、強肩のイメージが
弱く、走者からの警戒が薄いので、補殺の数が多い。また、足も
遅くないので、守備での活躍も期待できる選手。



  金城龍彦(きんじょう たつひこ) ★★★★

俊足巧打の名手。守備力も抜群で強肩を誇る。首位打者をとった
好打者は、03年の不振から復活し、2年連続3割をマーク。近年は
3割をマークしていないがボール球に手を出さない確実性で
3割復活を。右打席でも左打席でも遜色なく打てるスウィッチヒッター。
勝負強い打撃で得点圏打率も高い選手なので、
ミスター横浜ベイスターズの復活を期待したい


  森本 稀哲(もりもと ひちょり) ★★★
    
高い身体能力が武器。守備は超一流で、守備範囲の広さはと強肩は
球界トップクラス。脚力もすばらしく、守備はもちろん、走塁面でも
チームに大きく貢献している。もう少し盗塁に確実性は欲しいものの、
先の塁をものにする意欲とスピードは申し分ない。打撃もおっつける
バッティングができ、飛躍的に成長している。脚力を活かした核弾頭
として復活を期待。





スコアボード


おもしろデータ プロ野球投手編 おもしろデータ プロ野球打者編

WHIP   安定感ある投手

DIPS   投手本来の能力ランキング

■HldR    自己責任処理率

■K/BB   安定度の高い投手

    <バックナンバー>
       ・2010年度 投手編
       ・2009年度 投手編

      2008年度 TOP

■NOI   長打・攻撃力のある本物の打者

■IsoD   安打以外の出塁率

■XR27  チーム貢献度・総合打撃指数

■一気にテンションを下げられる併殺打率

    <バックナンバー>
       ・2010年度 打者編
       ・2009年度 打者編
       ・2008年度 TOP
球団別戦力分析◆セントラル・リーグ◆
中日ドラゴンズ 阪神タイガース 読売ジャイアンツ
東京ヤクルトスワローズ 広島東洋カープ 横浜ベイスターズ
球団別戦力分析◆パシフィック・リーグ◆
福岡ソフトバンクホークス 埼玉西武ライオンズ 千葉ロッテマリーンズ
北海道日本ハムファイターズ オリックス・バファローズ 東北楽天ゴールデンイーグルス
リンク集 プロフィール

番外編 趣味のページ
雑記帖 キャンプ&アウトドア 山のページ
各種スポーツ@(あ〜お) 各種スポーツA(か〜す) 各種スポーツB(す〜な)
各種スポーツC(は〜ほ) 各種スポーツD(ほ〜ら) ダイビング

ニュー スポーツ
チュックボール ブーメラン フライングディスク ペタンク


ボール&メット
相互リンク募集中です。
whistle200@yahoo.co.jpまでご連絡ください。お待ちしております。
Copyright(C)2005 Whistle プロ野球実践データ記録室  All Rights Reserved
・ G