プロ野球投手☆おもしろデータ〜プロ野球投手編

プロ野球投手

プロ野球〜プロ野球実践データ記録室

☆プロ野球投手情報☆



2011プロ野球おもしろデータ〜プロ野球投手編
(2011年 交流戦終了時点)


スタジアム


プロ野球投手とは、チームの要であることは言うまでもない。
しかし、エースの称号を手にするプロ野球投手は数少ない。

学生時代はエースで4番だった投手も、プロで通用する保証はない。
プロ野球投手とは、技術だけではなく、メンタル面・打線の援護・配球など
色々な面でトップに立たなくては活躍できない。

そこで、データを基に真のプロ野球投手とは、誰なのかを興味深く探ってみました。



■WHIPにみる 安定感ある投手
安打・四球など自己責任で許した走者をベースに、投手の安定度を
はかってみた。WHIPの指標として
  1.00未満  球界を代表する投手
  1.20未満  エース級投手
  1.40以上  問題ありの投手
といわれているが、今年は低反発球のため、2割減でみるのが
妥当だと思われる。2011年の目安は、下記の通りに設定しよう。

  0.80未満  球界を代表する投手
  1.00未満  エース級投手
  1.20以上  問題ありの投手
まずは、力のある投手が多いパリーグから見てみよう。堂々の1位には、日ハムのダルビッシュ
投手と、武田勝投手が輝いた。僅かな差で3位は、楽天・田中将大投手。この3人は、球界を
代表する投手の0.80をクリアしている。また、ロッテ・成瀬投手や、西武・牧田投手は、
防御率は、2点台中〜後半ではあるが、信頼度の高い投手と言えよう。
一方、セリーグは0.80未満の投手はおらず、1.00未満で2人いるだけである。DH制が
もたらす恩恵でパリーグ投手は、良い結果に繋がってはいるのは間違いないが、もう少し
セリーグ投手も結果を出してほしいところである。内容に目を落とすと、ヤクルト・館山や
中日・吉見はさすがといった感じだ。かたやで、上位に位置している阪神・能見や、巨人・
東野は、肝心なところでの踏ん張りが足りないのか、勝ちに結びついていない。
パシフィックリーグ WHIPにみる 安定感ある先発投手評価
順位 選手名 球団 得点 防御率
1位 武田 勝 日ハム 0.75 1.30( 2位)
2位 ダルビッシュ有 日ハム 0.75 1.39( 3位)
3位 田中将大 楽天 0.78 1.19( 1位)
4位 山田大樹 ソフトバンク 0.85 1.96( 7位)
5位 成瀬善久 ロッテ 0.88 2.42(13位)
6位 牧田和久  西武  0.88 2.85(17位)
7位 唐川侑己   ロッテ 0.93 1.41( 4位)
8位 杉内俊哉  ソフトバンク  0.97 1.78( 5位)

セントラルリーグ WHIPにみる 安定感ある先発投手評価
順位 選手名 球団 得点 防御率
1位 館山昌平 ヤクルト 0.90 1.26( 1位)
2位 吉見一起 中日 0.99 1.70( 3位)
3位 能見篤史 阪神 1.01 2.75(10位)
4位 ネルソン 中日 1.03 2.10( 4位)
5位 内海哲也 巨人 1.06 1.32( 2位)
6位 バリントン  広島 1.06  2.51( 8位) 
7位 東野 峻   巨人 1.11  3.48(15位) 
8位 岩田 稔   阪神 1.13  2.41( 6位) 



■DIPSに見る 投手本来の能力ランキング
純粋に、運や守備力に左右されない投手力が高い投手は誰か。
DIPSは、奪三振、被本塁打、与四死球をポイント性にし、投手の
責任だけにフォーカスして力を判断。2010年度は、下記のような
結果だった。
2010年度 DIPS   
1 前田 健太 (広) 3.11
2 内海 哲也 (巨) 3.38
3 東野 峻 (巨) 3.45
4 由規 (ヤ) 3.59
5 館山 昌平 (ヤ) 3.63
6 村中 恭兵 (ヤ) 3.66
7 吉見 一起 (中) 3.73
8 久保 康友 (神) 3.74
9 チェン (中) 3.82
 
2010年度 DIPS   
1 ダルビッシュ 有 (日) 2.05
2 杉内 俊哉 (ソ) 2.69
3 和田 毅 (ソ) 2.96
4 岩隈 久志 (楽) 3.01
5 金子 千尋 (オ) 3.02
6 田中 将大 (楽) 3.04
7 武田 勝 (日) 3.13
8 木佐貫 洋 (オ) 3.63
今年は、低反発球の影響もあり、パリーグでは3点未満の優秀な成績を
残している投手が、10人以上出ている。夏場を乗り越えてから、大きく
変動はするが、それにしても今年は優秀。一方、セリーグは、
パリーグほどでは無いが、昨年 一人もいなかった3点未満の投手が、
今年は4人も出てきているのは、立派なものだ。上位のメンバーを
見ると、やはり球界を代表する投手がずらりと並ぶ。
 
ここに名前が上がっている投手は、本物の投手であることは間違いないが、
防御率を見てみると、オリックス・寺原投手、西武・牧田投手、ソフトバンク・ホールトン投手は、
1点台の結果を残してもいいと思われる。伝家の宝刀という、決め球がほしいところである。

セリーグも、名のある投手が上位を占めてはいるものの、防御率や勝ち星が荒れている。
特に、巨人・東野投手や、阪神・能見投手は、内容の割りに結果につながっていない。
いい所まで行くものの、最後はやられているパターンがチラホラ見受けられる。後半は、
本来の力を出してほしい。

ただ、結果につながっていない投手も、このランキングの上位にいるということは、内容は
非常によく、後半必ず活躍するといえよう。後半の活躍は間違いない。
パシフィックリーグ DIPSに見る 投手本来の能力ランキング
順位 選手名 球団 得点 防御率
1位 ダルビッシュ有 日ハム 1.52 1.39( 3位)
2位 田中将大 楽天 2.05 1.19( 1位)
3位 和田 毅 ソフトバンク 2.56 1.84( 6位)
4位 成瀬善久 ロッテ 2.58 2.42(13位)
5位 唐川侑己 ロッテ 2.58 1.41( 4位)
6位 寺原隼人 オリックス 2.58 2.54(14位)
7位 牧田和久 西武 2.64 2.85(17位)
8位 ホールトン ソフトバンク 2.78 2.14(10位)
セントラルリーグ DIPSに見る 投手本来の能力ランキング
順位 選手名 球団 得点 防御率
1位 吉見一起 中日 2.74 1.7( 3位)
2位 東野 峻 巨人 2.75 3.48(15位)
3位 能見篤史 阪神 2.77 2.75(10位)
4位 ネルソン 中日 2.95 2.10( 4位)
5位 館山昌平 ヤクルト 3.13 1.26( 1位)
6位 高崎健太郎 横浜 3.23 3.10(12位)
7位 前田健太 広島 3.26 3.34(13位)
8位 岩田 稔 阪神 3.30 2.41( 6位)


HldRに見る 自己責任処理率
自分で許したランナーを、本塁に返さない率を表す指標だ。
HldR=1−(自責点−本塁打)÷(安打+四球+死球−本塁打)で
計算される。今年は、バーが高く、専門家の間では、0.8以下は
ふがいないと評されている。このランキングは、結果に直結しており、
自分の得意とする決め球を持っており、三振やポップフライ、
内野ゴロと、討ち取ってる事ができる。本格派、技巧派関係なく、
自分の蒔いた種は、自分で刈り取る投手がランクイン。残念ながら、
本来、力があるが結果につながっていない投手は、評価されていない。
パリーグの1位は、ランナーが出れば気合で押さえ込む印象のある
楽天・田中将大投手が堂々の1位。2位は、ランナーを背負っても、
見方が点を取ってくれなくても、自分のピッチングを崩さずに、
打たせてとる日ハム・武田勝投手だ。ソフトバンクの杉内投手、
和田投手も揃って上位をしめ、両投手の頑張りが、ソフトバンクの強さの源になっていることを
証明している。

セリーグも順当に結果につなげている。巨人・内海投手は、毎年 球界を代表する投手として
名前は上がるものの、今ひとつ物足りない結果に終わっていた。しかし、今年は、勝ち星も
順調に積み重ね、自力で結果に結びつけている。低反発球の影響を上手く活用し、どんどんと
活躍する投手が増えてきてもらいたいものだ。

パシフィックリーグ DIPSに見る 投手本来の能力ランキング
順位 選手名 球団 得点 防御率
1位 田中将大 楽天 0.889 1.19( 1位)
2位 武田 勝 日ハム 0.880 1.30( 2位)
3位 杉内俊哉 ソフトバンク 0.870 1.78( 5位)
4位 和田 毅 ソフトバンク 0.848 1.84( 6位)
5位 唐川侑己 ロッテ 0.847 1.41( 4位)
6位 帆足和幸 西武 0.847 1.98( 8位)
7位 涌井秀章 西武 0.833 2.11( 9位)
8位 フィガロ オリックス 0.831 2.25(11位)
9位 ダルビッシュ有 日ハム 0.815 1.39( 3位)
10位 ケッペル 日ハム 0.803 2.65(12位)
セントラルリーグ DIPSに見る 投手本来の能力ランキング
順位 選手名 球団 得点 防御率
1位 館山昌平 ヤクルト 0.921 1.26( 1位)
2位 内海哲也 巨人 0.921 1.32( 2位)
3位 澤村拓一 巨人 0.857 2.12( 5位)
4位 吉見一起 中日 0.828 1.70( 3位)
5位 岩田 稔 阪神 0.817 2.41( 6位)
6位 ネルソン 中日 0.815 2.10( 4位)
7位 由規 ヤクルト 0.814 2.66( 9位)
8位 バリントン 広島 0.811 2.51( 8位)
9位 石川雅規 ヤクルト 0.811 2.79(11位)
10位 スタンリッジ 阪神 0.810 2.44( 7位)




K/BB でみる 安定度の高い投手は
奪三振率が高く、与四死球率が低い投手は、首脳陣や野手からの
信頼も厚く、なによりファンに与える印象も良くなる。四死球を
与えないのは、投手として基本能力のひとつであるが、奪三振を多くとる
投手は、与四死球も多くなってしまう。奪三振と与四死球は諸刃の刃
として扱われる事象である。そこで、投手の安定度の目安にされる
奪三振数を与四死球で割ったK/BBの数値で、投手を見てみよう。
K/BBは3.50が優秀の目安とされ、逆に1.50を切ると危険と言われます。
セリーグで見てみると、1位のヤクルト・館山投手、2位の巨人・東野投手、
3位阪神・能見投手、4位の中日・ネルソン投手ぐらいが、優秀とされる。
続く、吉見投手、前田健太投手、バリントン投手、澤村投手も信頼感の
ある投手といっても良いだろう。

パリーグについては、数値が跳ね上がっており、信じられない結果に
なっている。パリーグの打者は、どんどん振ってきて、四球を選ぶより
三振でも構わないという考えがあるからだ、と言う見方もある。そのあたりは、定かでは
ないが、パリーグの投手は、ファーボールをほとんど出さない。だからといって、小さく
まとまった投球をするのではなく、常に三振を奪いに行く、真っ向勝負を行っている。
攻める投球が、与四死球も減らしているに違いない。いずれにせよ、パリーグの投手のほうが、
1枚も2枚も上だということが言えよう。
パシフィックリーグ DIPSに見る 投手本来の能力ランキング
順位 選手名 球団 得点 防御率
1位 成瀬善久 ロッテ 14.80 2.42(13位)
2位 武田勝 日ハム 13.00 1.30( 2位)
3位 田中将大 楽天 12.00 1.19( 1位)
4位 ダルビッシュ有 日ハム 9.30 1.39( 3位)
5位 牧田和久 西武 6.25 2.85(17位)
6位 攝津 正 ソフトバンク 5.09 2.99(18位)
7位 和田 毅 ソフトバンク 5.80 1.84( 6位)
8位 杉内俊哉 ソフトバンク 4.05 1.78( 5位)
9位 涌井秀章 西武 3.83 2.11( 9位)
10位 帆足和幸 西武 3.75 1.98( 8位)
セントラルリーグ DIPSに見る 投手本来の能力ランキング
順位 選手名 球団 得点 防御率
1位 館山昌平 ヤクルト 4.82 1.26( 1位)
2位 東野 峻 巨人 4.57 3.48(15位)
3位 能見篤史 阪神 3.63 2.75(10位)
4位 ネルソン 中日 3.56 2.10( 4位)
5位 吉見一起 中日 3.45 1.70( 3位)
6位 前田健太 広島 3.37 3.34(13位)
7位 バリントン 広島 3.18 2.51( 8位)
8位 澤村拓一 巨人 2.83 2.12( 5位)
9位 高崎健太郎 横浜 2.72 3.10(12位)
10位 由規 ヤクルト 2.52 2.66( 9位)





スコアボード


おもしろデータ プロ野球投手編 おもしろデータ プロ野球打者編

WHIP   安定感ある投手

DIPS   投手本来の能力ランキング

■HldR    自己責任処理率

■K/BB   安定度の高い投手

    <バックナンバー>
       ・2010年度 投手編
       ・2009年度 投手編

      2008年度 TOP

■NOI   長打・攻撃力のある本物の打者

■IsoD   安打以外の出塁率

■XR27  チーム貢献度・総合打撃指数

■一気にテンションを下げられる併殺打率

    <バックナンバー>
       ・2010年度 打者編
       ・2009年度 打者編
       ・2008年度 TOP
球団別戦力分析◆セントラル・リーグ◆
中日ドラゴンズ 阪神タイガース 読売ジャイアンツ
東京ヤクルトスワローズ 広島東洋カープ 横浜ベイスターズ
球団別戦力分析◆パシフィック・リーグ◆
福岡ソフトバンクホークス 埼玉西武ライオンズ 千葉ロッテマリーンズ
北海道日本ハムファイターズ オリックス・バファローズ 東北楽天ゴールデンイーグルス
リンク集 プロフィール


番外編 趣味のページ
雑記帖 キャンプ&アウトドア 山のページ
各種スポーツ@(あ〜お) 各種スポーツA(か〜す) 各種スポーツB(す〜な)
各種スポーツC(は〜ほ) 各種スポーツD(ほ〜ら) ダイビング

ニュー スポーツ
チュックボール ブーメラン フライングディスク ペタンク


ボール&メット
相互リンク募集中です。
whistle200@yahoo.co.jpまでご連絡ください。お待ちしております。
Copyright(C)2005 Whistle プロ野球実践データ記録室  All Rights Reserved